読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史上最大の国を作ったのは誰なの?どれだけの大国だったの?

f:id:naosikiko:20161121000524j:plain

アレクサンダー(アレクサンドロス)大王は世界史の中で、最大の国家を建造したといわれています。

アレクサンダーはフィリッポス2世の子として紀元前356年7月20日に誕生しました。

少年期にはギリシアの大哲学者であるアリストテレスに学び、若くして哲学だけではなく、 帝王学も修得しています。

アレクサンダーは、父の暗殺によって即位し、ただちに反乱を鎮圧します。

そして、紀元前323年6月10日(満32歳)で没します。

その間、全ギリシア連合軍を率いて、東方へ遠征しペルシアを滅ぼし、南アジア全域を征服します。

こうして、ギリシアからエジプト。

さらにはアジアにまたがる一大帝国を築き上げていきます。

まさに世界に君臨する大国となります。

   スポンサーリンク

 

古代エジプトに歴史上では最大の国家を築く

アレクサンダーは、さらに国土拡大に向けてアラビア遠征を画策中にバビロンにおいて病に伏し、そのまま他界しました。

そのアレクサンダー大王が古代エジプトに建設した国家が歴史上では最大ではないかといわれています。

その都は、アレクサンドリアとして紀元前331年に、東方遠征途上にナイル川のデルタ河口西端を選定して 建設したものです。

当時でも人口は100万人を超えているともいわれ、「世界の結び目」ともいわれるものでした。

ヘレニズム文化の中心地でもありました。

地の利に恵まれ、歴史上最大の都市として発展した

地の利に恵まれていたこともあり、歴史上最大の都市として発展していきやすかったのでないかと思われます。

ヘレニズム文化とは、ドイツの歴史家ロイゼン(1808~1884年)によって造られた言葉です。

ギリシャ風の文化という意味で、西アジア一帯に形成された東西融合文化という意味です。

言語・学芸よりも生活様式全般に及ぶ分野での傾向で、都市に居住していたギリシア人がそれぞれを 築き上げていったものといわれています。

   スポンサーリンク

 

ヘレニズム文化の終焉(しゅうえん)

歴史的には、約300年続いたヘレニズム文化の時代は、紀元前30年の古代エジプトの滅亡によって 終焉(しゅうえん)を迎えることになります。

しかし、文化としてはヘブライズムと対立する懸念として、ヨーロッパ文化の2大基調として 今日にまで影響を及ぼすくらいのものとなりました。

いずれにしても、長い歴史の古代文明の中で、ギリシアからエジプトへかけての膨大な国家形成は、 その後の時代にも大いに影響を与えました。

ヨーロッパの伝統はこうした中にもあるのでしょうね。

まとめ

壮大な国家だったんでしょうね。

しかし、短命だったんですね。

もしも長寿だったら、どうなっていたんでしょうね。

もっと巨大な国家が形成されていたんでしょうか。

   スポンサーリンク

 

同じ農産物でも、国内で作られたものが高いのはなぜ?

f:id:naosikiko:20161119232631j:plain

キノコの王様といわれているマッタケ。

秋になると,すごくよい香りで食欲をそそられます。

マッタケは国産のものだと1本数千円ほどします。

高くて、なかなか食べることが出来ません。

しかし、同じマッタケでも韓国産や中国産のものは千円程度と、比較的手頃な値段で売られて います。

これは、輸入物の場合は、運ばれてくる途中でマッタケの命ともいえる香りが落ちて しまうためです。

マッタケの価値はその香りにあります。

香りが弱ければ価格が下がっても仕方ありません。

しかし、外国産の農産物が安いのは、このマッタケの場合のように、味や香りなどの価値が 下がるから、という理由だけではありません。

スポンサーリンク

 

外国産はなぜ安いの?

最近は、シイタケやネギなど、安い外国産の農産物がスーパーにもたくさん出回っていますよね。

これは、国産の農産物が人件費等でどうしても高くついてしまうのに比べ、外国産は安く、大量に 生産することができるからなのです。

安全性を考えると心配にはなりますが、安い農産物が入ってくるのは消費者にとっては、すごくありがたいことです。

しかし、国内の農家にとってはたまりません。

それは、外国産と同じ値段にしないと売れないからです。

これでは国内の農業がどんどん衰退していってしまいます。

セーフガードを発動する

政府は2001年、とくに中国産のものがたくさん輸入されて国内の生産農家が窮地に陥っていると されるネギ・生シイタケ・イ草(畳になる草)の3品目につき、セーフガードを発動すことに決めました。

これは決まった量を超えて輸入されたものについては高い関税をかけ、国産のものと同じ値段にするというものです。

日本では、1960年には80%ほどだった食料自給率が、この40年間で40%まで下がってしまいました。

農業に従事している人の数も半分以上に減っています。

スポンサーリンク

 

輸入にたよりすぎるのは良くない

食料をあまりに輸入にたよりすぎると弊害(へいがい)も起きます。

例えば、外国の天候不順による不作で輸入ができなくなったり、外国との関係が悪くなったりしたときに 国民の生活に大きな影響を受けることになります。

ですから、そうした危機を避けるため、国内の農家を保護して農業を絶やさないようにする必要があります。

そのためには、ある程度は国内の農業を保護する必要もあります。

しかし、セーフガードを使うと国内の農産物の流通量が減って値上がりしたり、相手国の反発を招くという 問題も発生します。

まとめ

ほんと、マッタケは国産品だと高いですよね。

でも、国産だと安心して食べれます。

出来れば、外国産ではなくて国産の安心できる食材を味わいたいですね。

スポンサーリンク

 

ノーベル賞は、どんな人が、どうやって決めているのでしょうか?

f:id:naosikiko:20161115002206j:plain

ノーベル賞は、(物理学)(科学)(生理学・医学)(文学)(平和)(経済学)の6部門があります。

世界的に優れた研究・活動をした人、世界平和に貢献した人に毎年与えられる賞で、世界で最も権威のある賞なのです。

ノーベル賞は、ダイナマイトを発明したスウェーデンの化学者、アルフレッド・ノーベルも意志に基づいて 作られました。

アルフレッド・ノーベルは、ダイナマイトで巨額の富を得ました。

しかし、彼には妻子がいなかったので「遺産は、人類に最も役立つ研究や発明をした人に賞としてあげてください」という 遺言を書き残して1896年に亡くなられました。 ノーベル財団が発足 ノーベルの遺言でノーベル財団が作られます。

アルフレッド・ノーベルが亡くなって5年後の1901年からノーベル賞が始まりました。

第1回は、X線を発見した物理学者レントゲン(ドイツ)や、国際赤十字を作ったアンリ・デュナン(スイス)などに 与えられました。

スポンサーリンク

 

日本初の受賞者

日本人も、1949年の湯川秀樹博士の物理学賞を受賞しています。

とくに、2000年、2001年は白川秀樹博士、野依良治博士と、史上初めて2年連続での受賞(化学賞) となり、大きな話題となりました。

年代別日本人受賞者

1949年、湯川秀樹(ゆかわ・ひでき)物理学賞、陽子と中性子との間に作用する核力を媒介するものとして、中間子の存在を予言。

1965年、朝永振一郎(ともなが・しんいちろう)物理学賞、「超多時間理論」と「くりこみ理論」、量子電磁力学分野の基礎的研究。

1968年、川端康成(かわばた・やすなり)文学賞、人生の哀歓の幻想と美をみごとに描いた『雪国』及び『伊豆の踊子』・『千羽鶴』・『山の音』など。

1973年、江崎玲於奈(えさき・れおな)物理学賞、半導体・超電導体トンネル効果についての研究、エサキダイオードの開発。

1974年、佐藤栄作(さとう・えいさく)平和賞、国を代表して核兵器保有に終始反対し、太平洋地域の平和の安定に貢献。

1981年、福井謙一(ふくい・けんいち)化学賞、「フロンティア電子軌道理論」を開拓し、化学反応過程に関する理論の発展に貢献。

1987年、利根川進(とねがわ・すすむ)医学生理学賞、「多様な抗体遺伝子が体内で再構成される理論」を実証し、遺伝学・免疫学に貢献。

1994年、大江健三郎(おおえ・けんざぶろう)文学賞、「個人的な体験」など、個人的な題材を掘り下げることで現代の人間の様相を描く。

2000年、白川英樹(しらかわ・ひでき)化学賞、「伝導性高分子の発見と開発」を行い、分子エレクトロニクスの開発。

2001年、野依良治(のより・りょうじ)化学賞、「キラル触媒による不斉(ふせい)水素化反応の研究」、有機化合物の合成法発展に寄与。

2002年、小柴昌俊(こしば・まさとし)物理学賞、素粒子ニュートリノの観測による新しい天文学の開拓。

2002年、田中耕一(たなか・こういち)化学賞、生体高分子の同定及び構造解析のための手法の開発。

2008年、南部陽一郎(なんぶ・よういちろう)物理学賞、素粒子物理学における自発的対称性の破れの発見。

2008年、小林誠(こばやし・まこと)物理学賞、小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献(6種類のクォークを予言)。

2008年、益川敏英(ますかわ・としひで)物理学賞、小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献。

2008年、下村脩(しもむら・おさむ)化学賞、緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と生命科学への貢献。

2010年、鈴木章(すずき・あきら)化学賞、有機合成のクロスカップリング反応を開発。

2010年、根岸英一(ねぎし・えいいち)化学賞、クロスカップリングの開発。

2012年、山中伸弥(やまなか・しんや)医学・生理学賞、iPS細胞の開発。

2014年、赤崎勇(あかさき・いさむ)物理学賞、青色発光ダイオードの発明。

2014年、天野浩(あまの・ひろし)物理学賞、青色発光ダイオードの発明

2014年、中村修二(なかむら・しゅうじ)物理学賞、青色発光ダイオードの発明。

2015年、梶田隆章(かじた・たかあき)物理学賞、ニュートリノ振動の発見。

2015年、大村智(おおむら・さとし)生理学・医学賞、熱帯感染症の特効薬開発。

2016年、大隅良典(おおすみ よしのり)生理学・医学賞、オートファジーの仕組みの解明。

スポンサーリンク

 

受賞者に贈られるものは?

受賞者はひとつの賞に最大3人までで、メダルのほかに賞金が贈られることが決められています。

賞金は毎年のノーベル財団の利息のよって決まるので毎年変わり、最近は日本円で約1憶円となっています。

受賞者はどのようにして決まるの?

ノーベルは遺言で、賞を誰が選考するかも決めていました。

物理学、化学、経済学賞(これは遺言になく、あとで付け加えられた)はスウェーデン王立化学アカデミー、 医学生理学賞カロリンスカ研究所(ストックホルム)、文学賞はスウェーデン・アカデミー、平和賞はノルウェー国会 ノーベル委員会が選考機関になります。

各選考機関は、毎年秋に、世界各国の専門家や過去の受賞者、大学教授などに推薦依頼書を送り、誰がノーベル賞受賞にふさわしいか 意見を聴きます。

この推薦を基に、選考機関が受賞者を絞り込みます。

選考の公表はしない

賞の公正を期すため、誰が候補に上がったかなど、選考についての詳しいことは50年間、公表しないことになっています。

こうして受賞者が決まり、ノーベルの命日である毎年12月10日に、スウェーデン首都ストックホルム」(平和賞だけは、ノルウェーの 首都オスロ)で授賞式が行われるのです。

まとめ

ノーベル賞は人類にとって平和をもたらす賞だと思います。

いつまでも人類の平和につながる研究をしてほしいですね。

スポンサーリンク

 

ペリーが黒船で日本にきた目的は?

f:id:naosikiko:20161018234016j:plain

1853(嘉永6)年7月8日、アメリカ合衆国海軍東インド艦隊司令官マシュー・ペリーが4艘(そう)の黒船を率いて、現在の神奈川県横須賀市浦賀沖に やってきました。

そして、ペリーは鎖国体制(さこくたいせい)をとっていた幕府に対して開国を要求します。

開国をせまられたのは、これがはじめてではありませんでした。

以前にもアメリカやオランダの船が来て開国をせまられています。

しかし幕府は開国には応じませんでした。

スポンサーリンク

 

ペリーは日本に対して強硬な姿勢にでる

ペリーは前任者の失敗から日本のことをよく研究したのです。

そして、日本に対しては強硬な姿勢にでたほういいと判断する。

そこで黒船を羽田沖に進めて大砲を打ち鳴らすなど軍事力を誇示する。

やっと幕府に日米和親条約を 結ばせることの成功したのです。

黒船来航は市中の人をパニックに陥れる

 黒船来航で市中の人はパニックに陥ります。

「泰平の眠りをさます上喜撰(じょうきせん)たった四はいで夜もねむれず」という狂歌 (上喜撰とは、当時の高級なお茶のこと。これを飲むと夜眠れなくなったことから、上喜撰と蒸気船を かけている) に表れているように、江戸では家財道具をまとめて夜逃げするものが大勢出たり、武器の値段が 一夜で跳ね上がったといわれています。

スポンサーリンク

 

黒船とは?

ちなみに「黒船」とは、室町時代末期から江戸時代末期にかけて日本に来航した欧米諸国の船の総称です。

これは、日本の船は塗料を用いず白木の船だったのに対し、欧米の船は、防腐・防水のためにタールを 塗っていて黒かったために、そう呼ばれるようになったものです。

ペリーの来航の目的

ぺりーの来航には、大きな目的がありました。

当時アメリカでは綿工業がさかんでしたが、それには鯨(くじら)からとれる油が欠かせず、日本近海でも 捕鯨のための補給基地が必要になったのです。

また、西部開拓が進んで領土が太平洋岸に達したため、イギリスなど他の列強が未開拓だった太平洋航路を いち早く開拓したいという事情もありました。

ペリーによって強制的に開拓させられた日本は、以降、国論が開国派と攘夷「(じょうい)外国人排除」派に分裂して政治が 混乱し、ついにその15年後、260年続いた江戸幕府はその歴史にピリオドを打つことになったのです。

まとめ

現在と違って、はじめて黒船を見た人は怖かったでしょうね。

ペリー来航により江戸幕府が歴史にピリオドを打つことになったんですね。

スポンサーリンク

 

ローマ帝国はなぜ滅んだのでしょうか?ローマの繫栄と滅亡について

f:id:naosikiko:20161012084541j:plain

すばらし文明を築き上げた、ローマ帝国はなぜ滅んだのはなぜでしょうか?

ローマをたたえる言葉として、「すべての道はローマへ通ず」あるいは「ローマは1日にしてならず」という言葉をよく 耳にされたことはあるでしょう。

21世紀の今日になっても、古代ローマの栄華をたたえる言葉として生きています。

古代ローマ人たちは、建築、法律といった実用的な学問にも優れていて、多くの文化的遺産 を遺(のこ)しています。

古代ローマの人たちが作った道路をすべてつなげると、なんと地球を2周する長さになるそうです。

スポンサーリンク

 

ローマには有名な遺跡がたくさんある

ローマにはパンテオン神殿やコロッセウム、カラカラ浴場といった有名な遺跡がほとんど 見事に残っています。

また、それだけではなく、イギリス、フランス、スペイン、ドイツといったヨーロッパ各地から、 南はアフリカ、西は中東にいたるまでのあらゆる地域にわたって、今でも古代ローマの遺跡を たくさん見ることができます。

これらの遺跡を見れば、ローマがどれほどの権勢を誇っていたのか容易に想像することが 出来ますね。

ローマが建国されたのは?

ローマは、伝説によれば紀元前8世紀に建国されたそうです。

ところが、最初のころはイタリア・ラティウム地方の小さな村だったのです。

しかし、他の民族と同盟を結んだり、武力で制服していき、イタリア半島全域を支配下におさめ、 さらに西へ東へと領地を拡大していったのです。

スポンサーリンク

 

ローマの繁栄

その間、共和政から、度重なる戦争、領地拡大にともなう内乱の時代を経て、紀元前27年(西暦14年)にアウグストゥス が初代ローマ皇帝となり、ローマは繁栄の時代を迎えるのです。

ローマ帝国は西暦117年、トラヤヌス帝のときに領土が最大となります。

ローマ帝国の滅亡

国内で、キリスト教徒の増加に伴う宗教的対立や暴君による腐敗政治などがあり、歴代皇帝は 分割統治や宗教会議を開くなど、あの手この手で国を改革する試みが繰り返し行われます。

また国外からは常に異民族の侵入に脅かされ、帝国は徐々に衰退をしていきます。

そんな中、375年中央アジアで勢力をつけたフン族がヨーロッパまで攻め入り、それに圧迫される 形で「ゲルマン民族の大移動」が始まりました。

すでに弱体化していたローマ帝国は、ゲルマン人の侵入に耐え切れず、最後の皇帝テオドシウス1世が 死に際して帝国を2人の子供に分け与えたことにより、395年約千年の歴史に終止符を打ち東西に 分裂しました。

西ローマ帝国は476年にゲルマン民族の大移動の混乱で滅亡。

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は以降千年以上にわたって続き、1453年に滅亡しましす。

まとめ

いくら優れた文明や栄華を築いても政治が腐敗すれば滅亡してしまうのです。

それはどの時代でも同じことがいえると思います。

スポンサーリンク

 

古墳や化石で、なぜその時代や歴史がわかるの?時代や歴史を知る方法は?

f:id:naosikiko:20161009123501j:plain

古墳や化石を見ると、どうしてその時代や歴史を知ることができるのでしょうか!

考古学上で新しい発見があると、「3万年前の石器発見」とか「2000年前の古墳発掘」 と報道されますよね。

なぜ、石器や遺跡を見るとその年代がわかるのでしょうか?

ひとつには、科学的な分析による方法があります。

スポンサーリンク

 

放射性炭素の量で年代を調べる

放射性炭素の量を調べることで、すべての生き物は死んでからの時間をはかることができます。

ですから、貝殻や動物の骨、木の実や米粒などが出土すると、年代を分析することが出来るのです。

また、遺跡に積もった火山灰を分析する方法もあります。

放射性炭素年代測定とは?

放射性炭素は地球平均でほぼ通常の炭素原子の1兆分の1存在します。

呼吸や光合成で炭素を外部とやりとりする動植物の体内でもほぼ同じ比率になっています。

動植物が死ぬと、炭素が補給されなくなります。

存在比率が下がり始めます。

そして、半減期5730年のペースで放射性炭素原子は消えていきます。

その差から「炭素の入れ替えが止まった年代」を 推定するのが「放射性炭素年代測定」です。

スポンサーリンク

 

火山灰から年代を調べる

火山灰からも、いつごろにどこの火山が噴火したときかがわかります。

それにより、おおよその年代がわかります。

ほかにも、黒曜石などの石の表面の風化の度合いを調べたり地球の磁極の変化を調べて年代を知る方法も あります。

ただし、測定できる年代に幅があるので、あまり近い時代のものは使えないです。

こうした方法は化石の年代を推定するのに適しています。

また、同じ遺跡から出土した木の年輪から年代を推測するなど、いろいろな科学的方法が考古学の中に応用 されています。

土器で年代を調べる

土器は、昔の人が煮炊きをしたり、水や食べ物を蓄えたり、食器として使ったりしていたものです。

生活になくてはならないものでした。

そして毎日使っていたものなのでよくこわれ、作り続ける必要がありました。

そういうなかで、形や作り方、文様のつけ方などが少しずつ変化していったのです、

その変化をたどることで、古いものから 新しいものへと順番に細かく並べることができます。

そうすると、土器の特徴によって、どのあたりの時代のものかがわかるのです。

なんと、日本中には38万もの遺跡があるといわれています。

工事のために、土を掘っていたら遺跡が出てきた ということもときどきあるようです。

まとめ

遺跡以外でも、生活においても毎日のように新しい発見があります。

発見することは楽しいですよね。

土器は、貴重品の鏡や剣と違ってどんな村の遺跡やお墓からでも見つかります。

遺跡やいろいろな出土品の年代を知るには、土器がいちばんたよりになる物差しになるようです。

スポンサーリンク

 

万国博覧会の歴史は?開催されたきっかけは?

f:id:naosikiko:20160929221245j:plain

18世紀末から19世紀にかけて、科学の新しい発明・発見が産業界に応用されるようになりました。

蒸気機関や紡績機(ぼうせきき)など多くの機械の発明・改良によって、今まで人手に頼って いた生産手段が機械化され、生産力は劇的に高まります。

そして、人とモノの流通を促し、生活を豊かにしたのです。

機械化生産を積極的に進めていたイギリスは、世界に先駆けて産業革命を成し遂げます。

イギリスは「世界の工場」と呼ばれ、その勢いは世界中に影響を与えました。

スポンサーリンク

 

第一回万国博覧会

ロンドンで1851年に第1回万国博覧会が開催されることになります。

近代産業が生み出した商品と目新しい技術を展示し、科学技術に支えられた未来への展望を 示したのです。

ロンドン万博では巨大なガラスドーム「クリスタル宮」の建設技術に世界が驚嘆しました。

ロンドン万博の成功を契機に、世界の各都市で万博が開催されていくようになります。

パリ万博が開催

1889年パリ万博が開催されます。

パリ万博ではエッフェル塔が建てられ、鉄骨構造の技術をアピールしました。

1893年に開催された、のシカゴ万博は会場の色彩を白一色で統一します。

そのため「ホワイト・シティ」と呼ばれ市の中心から会場まで専用の高架鉄道を開通させました。

産業技術の見本市という性質の博覧会のため、20世紀前半までは重工業の技術を誇るパビリオンが 万博の目玉になっていました。

20世紀後半からの万国博覧会

20世紀後半になるとパビリオンは建物そのものよりも、パビリオン内で模様されるハイテク技術が 展示の中核になっていきます。

万国博覧会はロンドン大博覧会以降、各地で何十回と開催され、産業技術の進歩と普及、市場の拡大、 国際親善、主催国の分化の振興といった役割を果たしてきました。

1933年のシカゴ万博から、開催ごとにテーマを掲げるようになります。

最初のテーマは「進歩の一世紀」でした。

スポンサーリンク

 

アジア初の万国博覧会

1970年にアジア初の万博が日本で開催されます。

「人類の進歩と調和」をテーマに大阪万博が開催されました。

シンボルである「太陽の塔」と宇宙船アポロ11号が持ち帰った「月の石」を見たさに、約6421万人 が来場したそうです。

万国博覧会は、産業技術の目覚ましい近代化とともに進んできました。

しかし、現在では参加国も現象し、かつての注目度も失墜しています。

万博開催による収益は成り立たなくなっています。

大規模な会場を設営する、万博という存在自体を見直す意見も出てきています。

まとめ

万博の存在がなくなってしまうのは寂しいきがします。

小規模な万博でも良いので、続けてほしいですね。

スポンサーリンク