読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙に打ち上げられた衛星やロケットは壊れたらどうなるの?

f:id:naosikiko:20160924122331j:plain

宇宙に打ち上げられた衛星やロケットは壊れたり目的が終了すれば、どのように処理しているのでしょうか?

考えたことはないでしょうか。

永久に宇宙のゴミとしてなってしまうのでしょうか?

たとえば、爆発させても小さくなるだけで破片が宇宙のゴミとなってしまいます。

いちばんの方法は地球に持って帰ることでしょうね。

スポンサーリンク

 

 現在の対策は?

現在は、運用が終了した衛星は、出来るだけ早く大気圏に突入させるか、もしくは運用中の衛星の運行を妨げないように高度が300キロメートル以上離れた軌道に移動させる、といった対策がとられているそうです。

寿命や燃料が尽きたり修理が出来ないものは、残骸(ざんがい)としてしばらくの間、地球の周りを回り続けることになります。

しかし、軌道の比較的低いもの(地球表面上から数百km程度)は、やがて数年から数十年で地球の大気圏に突入して燃え尽きてしまうのだそうです。

より高い軌道(地球表面上から数千キロメートル以上)を周回する衛星は、数百年以上も地球の周りを回り続けることになります。

すごい年月なんですね。

 人間の寿命をはるかに超えています。

こうした衛星の残骸を「宇宙ゴミ」というそうです。

衛星やロケットを回収できない理由?

衛星やロケットを回収しないのは、技術的なこともあるようですが、予算的な問題が大きいようですね。

ほとんどの衛星やロケットは大気圏で燃え尽きてしまいます。

衛星やロケットはもともと構造上、大気圏突入に対応していないので運良く地上に到達できたとしても、衝突して大破するか、 高熱で再利用できないほど壊れてしまいます。

再利用ができる衛星やロケットは、より丈夫で重量もずっと大きくなることから、製作費と打ち上げ費用がさらに かかります。

そのため、宇宙にある衛星を回収するにはスペースシャトルのような宇宙輸送機を使って軌道上で回収・積載して帰ってくる必要がありのですがシャトルの打ち上げ、回収作業などに相当な費用がかかってしまいます。

回収できる宇宙機がない

静止衛星の場合でも、そこまで行って回収する宇宙機は技術上存在していないようです。

将来は回収・再利用が行われるかもしれません。

今後、スペースシャトルのような輸送機関が、もっと安価に開発・運用されることになれば、故障した衛星やロケットの 回収・再利用は頻繁に行われることになるかもしれません。

しかし、現状では基本的に壊れた衛星などはそのままゴミとなり、地球上を回っているのです。

スポンサーリンク

 

宇宙のゴミの破壊力は?

衛星やロケット、それらの壊れて出来た部品や塗料の断片が、地球のまわりにはたくさんあり、これらを 宇宙のゴミ「スペースデブリ(デブリともいう)」と呼んでいます。

時速28000kmのスピードで回っているため、直径1㎝のデブリでも乗用車1台の衝突と同じ破壊力が あるといわれます。

デブリが人工衛星や宇宙ステーション、スペースシャトルなどにぶつかったら大変なことになります。

そんなことが起きないように、アメリカやロシアは 地上のレーダーや望遠鏡でデブリを監視しているんだそうです。

まとめ

どんな物でも、いらなくなったとこの廃棄が大変です。

食材のように、年月が経てば自然に帰るならいいですが、ゴミとして永久にあるのは困ってしまいますね。

早く解決出来ると良いですね。

スポンサーリンク

 

遺伝子(DNA)とはどのようなものなのでしょうか?

f:id:naosikiko:20160920115841j:plain

少し前に人間の不思議って流行ったことがあります。

本当に人間の体って不思議だと思いますね。

ヒトの体は、60兆個もの細胞で出来ているそうです。

それぞれの細胞は、髪の毛、胃、心臓、骨など、体のそれぞれの部位を構成しています。

このとき、「心臓があるべきところに間違って腸ができてしまった!」などという ことがあったらたいへんですが、よほどのことがない限りそういうことは起こりません。

このように、体が正しく作られるよう指令を出しているのが、細胞の中にある、DNAなのです。

スポンサーリンク

 

DNAは設計図である

DNA(デオキシリボ核酸)は「人間の設計図」なのです。

人間はみな顔や体型、性格、体質など、それぞれ違いがあります。

それは設計図が人それぞれ違うからです。

その違いは設計図によって生まれています。

この設計図は「塩基」と呼ばれる4種類の物質、A(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)が連なって構成されています。

これらは4種類の塩基、すなわち「文字」で記載された文章のようなものです 。

その文字数は1本のDNAで30億文字に及ぶそうです。

この中に「髪の毛の色は黒」「耳が大きい」など、「体の部位がこのようになる」 という情報が入った、遺伝子が存在します。

つまり、DNAはからだの設計図のようなものです。

スポンサーリンク

 

DNAの形状

DNAは、1本の長い糸のようになっています。

2本の細いひもがお互いにらせん状にねじれあった形をしています。

1本のDNAの直径は2ナノメーター(1ナノメーターは100万分の1ミリ)。

たいへん細いものですが、長さは伸ばすと約3.3センチあり、たったひとつの細胞の中にあるDNAをすべて つなげると、なんと2メートルにもなります。

DNAの役割は?

DNAには2つの大きな役割があります。

ひとつは、「遺伝子」です。

言葉どおり、生殖細胞(卵子と精子)によって、遺伝情報を次の世代に運びこむ ことです。

あなたが、お母さんとお父さんの性質を受け継いでいるのは、それぞれの遺伝子が情報を運んできたからです。

もうひとつの役割は、卵子と精子が受精してひとつの細胞になった後で、体全体を作り上げることです。

受精卵が分裂を繰り返すことで私たちの体は作られていきますが、その全ての細胞の中には同じDNAがの コピーが収められています。

人には固有のDNAがある 1人の人にはその人固有のDNAがあるというわけで、このことからDNAは、「DNA鑑定」といって、指紋の ように犯罪捜査にも利用されています。

まとめ

現在では、遺伝子の研究も進み、「クローン」を作り出すことも可能になっています。

また、災害に強い作物を人工的に作ったりする工夫もされています。

すごい技術ですね。

スポンサーリンク

 

地球温暖化が起こったり、エルニーニョ現象がおきるのはなぜ?

f:id:naosikiko:20160918114740j:plain

地球は、大気の動きによって、生物が生息するのに適した温度に保たれています。

これを温室効果といいます。

しかし、この適した温度が変化しつつあるのです。

この働きが強くなりすぎて地球の気温が上昇してきているのです。

この問題は、国際社会でも大きな問題となっています。

それは、これから先も生物が生きていくのに大切なことだからです。

それでは地球は、なぜ温暖化してきたのでしょうか?

スポンサーリンク

 

温室効果によって住める気温に保たれている

太陽の光は、大気を通過して地球の表面に吸収されます。

すると地表は暖められた温度に応じて赤外線を放射し、その一部は大気中の二酸化炭素、メタン、 亜酸化窒素、フロンといった「温室効果ガス」に吸収され、再度放射されることによって地表が 温められます。

これが温室効果といわれるものです。

この温室効果によって地球は生物が住める程度の気温に保たれています。

もし温室効果がなければ地球は冷え切って凍りついてしまい生物が住めなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

過去100年間で、地球の平均気温は0.3~0.6度上昇している

近年は、とくに先進国で温室効果ガスをたくさん排出する生活を送っているために 温室効果ガスの濃度が高くなりすぎています。

その結果、地表の熱が宇宙へ放出されにくくなりました。

地球の気温が全体に上昇してしまったのは主に、そういったこと原因だといわれています。

過去100年間で、地球の平均気温は0.3~0.6度上昇したといわれています。

温室効果ガスがこのまま増えていけば、あと100年で平均気温は2度は上昇するだろうと 予測されています。

地球が温暖化する異常気象が起こる

地球が温暖化すると、気候が狂って水温、雨の量、風の吹き方、雲のできる場所、地球全体の 空気の流れ海流などすべてが変わってしまいます。

そして、世界中で異常気象が起こることが予測されます。

大雨や洪水、干ばつといった災害や、農業や漁業への悪影響、そして海面が上昇することによって 土地が沈没するといった問題が起こるとする専門家もいます。

温暖化を引き起こす大きな原因は?

温暖化を引き起こすもっともも大きな原因は石油や石炭などの石化原料を燃やしたときに出る 二酸化炭素なので、先進国では二酸化炭素の排出を規制する取り決めを行おうとしています。

これ以外にも、海水の温度が例年より高い状態が1年~1年半ほども続くエルニーニョ現象が 数年に1度の割合で起こっています。

地球温暖化との関係はわかりませんが、エルニーニョ現象が起こるとやはり世界規模で高温や 低温、多雨(たう)や少雨(しょうう)などの異常気象が起こるので、気象庁も観測や 研究を続けています。

まとめ

私たちの子孫や、あらゆる生き物が平穏に生活できるようにするのは、現在の私たちの使命なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

遺伝子検査によって生まれる前に男か女かの判断が出来る

f:id:naosikiko:20160914225909j:plain

現在では生まれる前に性別がわかるようになっています。

「先に知りたい」という場合、医者は要望に応じて教えてくれます。

赤ちゃんの性別は生まれてからのお楽しみ、というご両親も多いですが、 生まれる前に性別がわかることで、名前もですが、早くから準備をすることができます。

どのような方法で性別がわかるのでしょうか?

妊婦の一般定期検査である超音波診断で判明します。

胎児(たいじ)が大きく育って体が出来てくると超音波画像で性器が確認出来るため、 性別が判定出来ます。

遺伝子で胎児の情報を知る方法

最近では遺伝子で胎児の情報を知る診断があるそうです。

これは従来の母親のお腹に機械をあてて測る超音波診断とは異なり、羊水(ようすい)や 子宮内の一部である絨毛(じゅうもう)の細胞を採取し、胎児の染色体に異常がないかを 調べる検査方法です。

スポンサーリンク

 

出生前診断と呼ばれている

細胞組織から遺伝情報を読み取るもので、妊婦が不安を感じて医師に相談した場合に限って 行われる医療で一般的に「出生前診断」と呼ばれています。

これらの遺伝子検査で調べるのは胎児の性別ではなく、病気の遺伝子を持っているかです。

遺伝子には性別の情報もありますが、筋ジストロフィーなど先天性の病気や障害の有無(うむ)を あらわす情報が含まれています。

現在では血友病(けつゆうびょう)などの遺伝病の有無、高齢出産によるダウン症の疑いなどが 親の希望により検査されることが多いようです。

出生前診断は障害者を差別する優性思想に結びつく

出生前診断は生まれてくる赤ちゃんの病気や障害をあらかじめ知るためのものです。

しかし赤ちゃんが健康ではないとわかった人の中には、中絶手術をして産まないという選択をする人も少なくないようです。

将来の不安を考えてのことなのでしょうね。

こうした流れは「健康な子供以外はほしくない」という障害者を差別する優性思想に結びつくのでは ないかと議論になっています。

スポンサーリンク

 

受精卵の着床(ちゃくしょう)前診断

「障害児の出産を回避し、なおかつ中絶をしない」ために、受精卵の着床(ちゃくしょう)前診断 という方法もあります。

これは、体外受精をし卵子と精子が受精してからほんの数日目の受精卵を検査し、遺伝子のキズがないものだけを 選んで子宮に戻す方法です。

これも優性思想の問題を根本的に解決出来ないものなのです。

現在、出生前診断のガイドラインを決める日本産科婦人科学会は、原則的に容認するということですが、実施には 高いハードルを設けるという対応をしているそうです。

まとめ

出生前診断は性別だけでなく障害の有無もわかるんですね。

たしかに、生まれる前に障害というのがわかると産まないという選択をされることも予想できます。

最終的に判断するのは親ということになるんでしょうね。

スポンサーリンク

 

星座が季節によって違って見えるのはどうしてなの?

f:id:naosikiko:20160913160312j:plain

なぜ、星座は季節によって違うのか、考えて見たことはあるでしょうか?

例えば、1週間に1回、同じ時刻に南の空の星を観察すると、星座の見える位置が少しずつ 西の方へ変化していくそうです。

そして、同じ時刻に観察すると、季節が変われば少しずつ新しく見える星座が現れ、 今まで、見えていた星座は、西のほうへずれていき、やがて見えなくなります。

これは、地球が太陽を中心に回っているためで、一周すると、春夏秋冬の一年が過ぎます。

自転と公転の活動で星座の見え方が変わる

地球は自転と公転という2つの活動をしています。

星座の見え方や太陽の当たる場所が、違ってくるのは、この活動によって起こっているのです。

自転とは?

自転の動画

自転とは自身の地軸の周りを回転することです。

地球は1日1回転し、太陽の当たらない場所が夜になっています。

太陽が当たっていて朝である場所を地球の顔とすれば、暗くて星座が 見える夜の場所は地球の背中側ということになります。

スポンサーリンク

 

公転とは?

公転の動画

地球は、約365日をかけて太陽の回りをまわっています。

公転とは、天体が他の天体の周りを、規則正しく決まった時間をかけて回ることです。 そのように地球が回ることで、場所が日々変わっていくので、見える星座も変わってくるのです。

つまり、今日見た星座を同じ位置で見ることができるのは、一年後と言うことになります。

季節によって違う星座が見える理由

公転のより、春夏秋冬でそれぞれ4分の1ずつ地球のいる場所は移動しています。

それにより、地球の背中側に広がっている宇宙の範囲が違ってきます。

それが、季節によって違う星座が見える理由です。

季節の星座とは

一般的に夜の8時頃に見えるものをいいますが、地球の自転により、 夜中や明け方にかけて、これから先の季節の星空が見えるようになります。

例えば、夏の明け方には冬の星座であるオリオン座が見えてきます。

こうした天体の動きは地球が出来た時からずっと規則正しく繰り返されているので、 古代の人々は季節や時間を知る目安にしていました。

スポンサーリンク

 

星座の持つエピソード

また星座の持つエピソードはギリシャ神話として現代に伝えられています。

例えば、冬の星座の代表格であるオリオン座はギリシャ神話では力自慢の猟師・オリオンの 話しです。

「自分より強いものはいない」というオリオンの神を恐れねうぬぼれは、女神ヘラを怒らせて しまいました。

ヘラは大サソリを放ち、その場でふんぞり返って歩くオリオンを殺させてしまいます。 手柄を立てたサソリは天に上ってもなおサソリを恐れ、決してサソリ座の見える空には顔を出しません。

夏の星座であるサソリ座と冬の星座オリオン座は同じ夜空で見ることが出来ないのをギリシャ神話では このように説明しています。

まとめ

地球は規則正しい自転・公転により自然環境が保たれていると思います。

もし、なんらかの原因で、自転・公転が規則正しくできなくなったらどうなってしまうのでしょうか?

本当に自然って、上手く出来ているんだなって思います。

スポンサーリンク

 

宇宙の広さは本当はどれぐらいあるのだろうか?

f:id:naosikiko:20160911120525j:plain

夜空を見上げて、宇宙ってどれぐらの大きさなんだろうと思ったことはありませんか? 私は良く思いましたね。

宇宙の果てはどうなっているんだろう?

もし宇宙に果てがあるなら、その先には何があるのか!

宇宙の中に地球など多くの惑星ががあるように、 宇宙は一つの惑星のような物で、宇宙の周りにも無限に広がる 空間があるのかなって! 考えると、宇宙ってすごく不思議ですよね。

宇宙の不思議については、多くの学者が最新の機材や理論を駆使しても、 未だに解明できないことがたくさんあるそうです。

宇宙の広さも正確にはわかっていない謎の一つといわれています。

もちろん、広さがわからないため、形もわかっていません。

スポンサーリンク

 

宇宙は現在も広がっている

宇宙はどんどん広がっているといわれています。

アメリカの天文学者ハッブルは、銀河系の外に散らばる20あまりの 銀河までの距離を測定し、それらの銀河が私達の銀河から遠ざかりつつあり、 さらに遠くの銀河ほど速い速度で遠ざかっていることを発見し、1929年に 発表しました。

このことから、宇宙が現在もなお広がっていることがわかりました。

宇宙が広がっていく速度を「ハッブル定数」として決めましたが、ハッキリした 数字や数式で表すことができず、現在も宇宙望遠鏡などを使って「ハッブル定数」を決める ために数億光年、数十億光年という遠い「小宇宙」の観測が続けられています。

f:id:naosikiko:20160911123657j:plain

「ビッグバン宇宙論」を発表

ハッブルの発見をもとに、1948年アメリカの物理学者ガモフは、宇宙は熱い火の玉から 生まれたとする「ビッグバン宇宙論」を発表しました。

この宇宙は100数十億年前に巨大な爆発が生まれ、その勢いで膨張し、次第に冷えて星や 銀河ができたという考え方です。

宇宙の端になるほど速く膨張していること、爆発のなごりとして宇宙空間が絶対3度で あることがわかりました。

現在では、ビッグバン宇宙論は宇宙の謎を解くための基本の理論とされています。

研究が進み、今ではビッグバンが起こったのは約150億年前だという説が有力です。

スポンサーリンク

 

宇宙有限論という学説

また宇宙の果て(宇宙の地平線と呼ばれています)はあるという「宇宙有限論」という 学説も取り入れられています。

しかし、宇宙の果ては今現在でもものすごいスピードで進んでいます。

宇宙については、あまりにも遠すぎる距離を計測する科学技術がなく、理論上の説である ことはいうまでもありません。

とにかく広いことだけはわかる宇宙空間の規模です。

宇宙の距離を測る単位「1光年」は、1秒間に地球7周半もするスピードで1年かけて進む距離の ことです。

私たちのいる銀河系の直径が10万光年、すぐ隣のアンドロメダ銀河まで230万光年、 最先端の望遠鏡で観測できる天体が100億光年先のものですから、それよりまだ遠くまで広がっている 宇宙空間をイメージしてください。

すごい巨大な空間としか言えないですね。

f:id:naosikiko:20160911123457j:plain

まとめ

宇宙の大きさは解明できていませんが、宇宙はどんどん大きくなったいるそうです。

大きくなっているということは、例えるなら宇宙の外側にも宇宙のような空間があるということなんでしょうか。 すごく不思議ですよね。

スポンサーリンク

 

江戸時代が300年も続くことができたのはなぜなの?

f:id:naosikiko:20160909230940j:plain

歴史が大きく動いた、天下分け目の関が原の合戦を制してから3年後、 徳川家康は征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)となり、1603年、江戸に幕府を開きました。

その後、第15代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が1867年大政奉還(たいせいほうかん) <15代将軍・徳川慶喜が征夷大将軍の資格を朝廷にお返しすること、政権の返上です> を行うまで、江戸時代は265年間も続きました。

フランスのブルボン王朝やオーストラリアのハプスブルグ家など、中世はヨーロッパでも絶対王政の 時代でした。

しかし、江戸幕府は世界史の中でも類をみないほど長く続いた独裁体制なのです。

江戸幕府はなぜ、これほど長い間、独裁政治を続けることができたのでしょうか?

スポンサーリンク

 

富と権力の均衡

綿密な政治体制を確立した事(将軍が無能であっても老中以下の役人だけでも統治が可能にした)、

大名普請や参勤交代等を行って、諸大名の経済力を早期から削いだ事(軍資金の渇)、

役職は自分の部下であった譜代大名と旗本のみに与え、外様を政治に参加させなかった事(反対派の排除)

なども江戸幕府が長きに続いた要因ではあります。

しかし、いちばんの理由は 「富と権力の均衡」で、農民や町人の反感を買わないような政治を行ったことではないでしょうか!

ヨーロッパの絶対王朝においては、冨と権力の両方を貴族階級が独占していました。

それに対して、 江戸時代の武士が握っていたのは権力だけでした。

冨を支配していたのは裕福な町人だったのです。

スポンサーリンク

 

武士のほとんどは貧しかった

武士のほとんどは貧しく、その点では農民や町人の反感を買うことはありませんでした。

また、身分としては確かに武士がいちばん偉く威張っていたのですが、戦乱に世においては 武士の戦力は、領地と安全を守るうえで必要不可欠だっただけで なく、彼らはミスを犯したら切腹やあだ討ちなど「死」をもって責任をとらなければならないほど 「怖いこと、難しいことはお武家さまにまかせておこう」という認識がみなの間にあったのです。

こうして、いわば持ちつ持たれつの関係が続いて平和の世になり、町人文化といわれる江戸の 文化も花開いたのでした。

徳川末期には三大改革を行った

戦乱がなくり、武士に対する風当たりは、しだいに強くなってくる。

とくに、切腹なども形骸化(けいがいか)した徳川末期においては、生産活動をしない武士は もはや社会のお荷物となってしまいました。

ゆるんだ武家支配を立て直すため、江戸時代には三大改革といわれる享保(きょうほ)の改革、 寛政(かんせい)の改革、天保(てんぽう)の改革が行われましたが、幕府政治を再建できませんでした。

そして、開国をきっかけとした討幕運動が高まる中、慶喜は大政奉還を行って政権を朝廷に 返上することになったのです。

まとめ

265年も権力を維持することは、現在では考えられないことですね。

確かに、各大名が謀反を起こさないような仕組みを作ったことだとは思います。

しかし、冨と権力のすべてを握らなかったのがいちばんの要因でしょうね。

スポンサーリンク