ラグビーやアメリカンフットボールのボールはなぜ楕円形なの?

f:id:naosikiko:20160710002718p:plain

ラグビーやアメリカンフットボールのボールってなんで、
あんな形をしているのって
初めて試合を見た人は思ったと思います。

どこの転がるかわからないボールよりも
丸いボールの方がどこに転ぶか分かりやすい のにって思いますね。

しかし、これが面白さなんですね。

どこに転ぶかわからないボールを追いかけるのが面白いですね。

では、なぜ楕円形のボールなの?由来などについて調べてみました。

      スポンサーリンク

 

なぜ楕円形の形のボールなの?

楕円形の形にはいくつか理由があります。

古代ローマ時代には頭蓋骨をボール代わりにしていた。

持って走るとき丸いボールよりも楕円の形の方が持ちやすいから。

アフリカ原住民がダチョウの卵をボール代わりにしていた。

ブタの膀胱に空気を入れてボール代わりにしていた。

ポリネシアの人たちが椰子の実をボール代わりにしていた
からなどの理由があるそうです。

 

楕円形の形のボールでしたが、
軽くてよく飛ぶため試合は盛り上がったようです。

 

そのうえボールが転がると、
どっちに転がるかわからない面白さがうけて、
かえっていびつな形のボールが受け入れ
られたようです。

こうしてラグビーボールはわざわざ転がり方が
予測しにくい形になっているのです。

ラグビーの由来

ラグビーは1823年、
イギリスのパブリック・スクールのひとつである
ラグビー校でフットボールの試合中に 生まれました。

試合に出場していたウィリアム・ウェッブ・エリスという少年が
興奮して、ボールを脇に抱えてゴールを目指して走りだしたのが、
ラグビーの始まりと いわれています。

 

なぜ、
エリス少年がボールを持って走ったのかまでは
正式に記録されたものがありませんが、
ラグビー校という 学校の名前がそのままラグビーという
スポーツの名前になって定着しました。

 

1840年頃にはボールを持って走る「ランニングイン」が
確立し普及しだしたのは確かのようですが、
その第1号がエリス少年だったかどうかは、
はっきりと わからないようです。

 

しかしエリス少年が最初にボールを持って走ったという証言が
記してある文章がラグビー起源を調べるうえで
最古の文献だということは間違いないし 起源たる
発明者の対象として名前が分かっている人物は
エリスただ一人であるそうです。

      スポンサーリンク

 

元々のラグビーボールは重たい物だった

ラグビーは球技の中でも、
独特の形のボールを使うことが特徴的です。

元々のラグビーボールは、非常に重い物だったそうです。

ボールをキャッチするのも大変だったため、
靴職人に軽いボールを作るように頼みました。

当時の靴職人は革製品のプロです。

靴職人はボールを軽くするための素材として
ブタの膀胱(ぼうこう)を選び、膀胱を
膨らませたものに革をはりました。

まとめ

どんなスポーツにも歴史があります。

ラグビーもアメリカンフットボールも男の
ぶつかり合いのスポーツで見ていて力が入りますよね。

面白いスポーツだと思います。

      スポンサーリンク