カップめんの誕生は?容器開発の苦労は?ある事件により爆発的に売れ出した

 

f:id:naosikiko:20160809000513j:plain

日本で即席めん(インスタントラーメン)が登場したのは1958(昭和33)年、今でも人気のある日清食品の「チキンラーメン」です。

袋から調味料をまぶした麺を取り出し、器に入れてお湯をかけて数分待つだけで、すぐに食べられ美味しいラーメンという手軽さが、人気を 呼びました。

1958(昭和33)年といえば、ジャイアンツに長嶋茂雄がデビューした年です。

フランク永井の『有楽町で逢いましょう』とロカビリーをBGMに、インスタントラーメンが最初の1ページを開くことになります。

高校野球では、夏の甲子園大会の準々決勝で徳島商対魚津高が、歴史的な延長18回時間切れ再試合を戦った8月25日に日清食品が、「チキンラーメン」を発売します。

すると他社も参入して、さまざまな即席めんが開発・販売されるようになります。

数年後には溢れかえる即席めんに消費者が飽きてしまい売り上げが激減してしまいます。

そこで、カップめんが誕生することになります。

カップめんの誕生

即席めんが登場して、溢れかえる即席めんに消費者が飽きてしまい売り上げが激減します。

そんな状況を打ち破るため、1971年9月に日清食品の「カップヌードル」発売されました。

これは日本で初めてのカップめんです。

今までになかった、冷めにくい発泡スチロールの容器に入った味付けめんと、1食ごとにフォークが添付された、新しい発想の加工食品 でした。

スポンサーリンク

 

容器開発の苦労は?

手軽に食べるためには、軽くて安くて、 熱湯を入れても熱くならない容器でなければなりません。

紙コップでは熱くて持てなくなるし、陶器ではコスト がかかるし重すぎる。

容器は包装材であり、調理器であり、食器になるという3つの機能をコンパクトに果たしていたため 即席めん以上の手軽さを打ち出しています。

消費者はお湯さえ用意すれば食事ができるという商品です。

この斬新(ざんしん)さは当初は「とても食べ物には見えない」と敬遠されました。

それでも、メーカーは若者にターゲットを絞ってキャンペーンや販売活動をしました。

ちょうど同じ頃、マクドナルドなどファーストフード店やファミリーレストランがオープンし、若者を中心に新しい食文化を受け入れ始めたという 背景もあったようです。

スポンサーリンク

 

カップめんが爆発的に売れ出した事件

販売が爆発的になったのは翌年に起きた浅間山荘事件でした。

山荘を取り囲む警察隊がカップヌードルを食べている姿が放映され、テレビにクギ漬けになっていた日本中の人々にカップめんを広く 知らしめることになりました。

また、ベトナム戦争に従軍したアメリカ軍兵士にも配られたといいます。

カップヌードルの爆発的なヒットにより、カップめんは次々と新商品が誕生しました。 発売時400万食だったものが翌年には1億食、翌々年には4億食にのぼりました。

カップめん市場は現在まで増加の一途をたどっています。

改良が加わり、生めんタイプや味の多様性が生まれ、80年代には日本人のライフスタイルの変化とともにコンビニエンスストアでの 主力商品になりました。

こうしてカップめんは日本の食文化に定着しました。

2000年に入りカップめんの年間生産量は約30億食と、日本人ひとりあたり25個のカップめんを食べていることになります。

すごい数だと思います。

まとめ

カップめんは、本当に便利で美味しい食品だと思います。

たくさんの種類があり毎日、食べても飽きることがないと思いますね。

スポンサーリンク