読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画のエンドロールにクレジットがたくさん流れるのはなぜ?

f:id:naosikiko:20160815123726j:plain

映画を観終わると最後にキャストやスタッフの人の名前を記したクレジットが画面に流れてきます。

これはエンドロール(エンディングロール)というものです。

これは映画の冒頭に映る監督や主演俳優など、主要なメンバー以外の関係者を列記したものです。

黒字に細かい白文字で流れる最近のエンドロールなんですが、昔に比べてずいぶん長くなってる気がしませんか?

これはアメリカの映画関係者の間で決まり事があるからなのです。

スポンサーリンク

 

どんな決まり事があるの?

全米映画組合の後にエンドロールにスタッフの名前をすべて列挙することにより、裏方の存在を示すことが出来るからなのです。

これは映画が多くの資金を投入し、回収するビジネスになってきたという背景があります。

ヒット作に関わるということは、映画人としてのキャリアにもなるのです。

たとえば、日本の場合は映画の著作権は映画製作者にあります。

しかし、アメリカでは契約内容によって差はありますが、製作に関わった者全員が、それなりの権利を持つことになっているのです。

現在では映画は劇場公開だけでなく、テレビでの放映やビデオ、DVD発売など二次使用されることがほとんどです。

劇場公開以外の用途で商品化される場合、二次使用のための報酬が発生することになります。

スポンサーリンク

 

いくつもに組合が存在する

アメリカの映画協会では原則として全員に使用料が発生する決まりになっています。

この時にクレジットが権利者リストの役割を果たすため、関わった人間を厳密に明示する必要があるのです。

このように映画製作に関わる人の権利を保障するため、アメリカにいくつもに組合が存在します。

監督組合、俳優組合脚本家組合などは、それぞれ有名無名を含めて数千人が加入した団体になっています。

撮影にかかる最低賃金の保証、クレジットの決定権、撮影現場の安全など、それぞれの立場からより良い 条件を獲得するために話し合いを繰り返し、他の組合、あるいは製作会社や撮影所に働きかけをしているのです。

クレジットは権利者リストの役割を果たすためのもの、 その結果のひとつがクレジット表記の問題でした。

関係者全員を示すために長くなったということもあります。

また現在では、プロデューサー権限が強く多くのスポンサーやスタッフに配慮してのこともあるでしょう。

一般的にはクレジット表記の決定権を持つ人が、自分の好みに応じてクレジットを追加するという状況になり エンドロールが延々と長くなってしまっているのです。

まとめ

良い映画を作るには、たくさんのスタッフの努力が必要になってきます。

クレジットはそんなスタッフのためのものでもあるのですね。

スポンサーリンク