読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢字には、なぜ音読みと訓読みがあるの?

f:id:naosikiko:20160907235624j:plain

日本で生活していて、日本語の中になぜ漢字が入っているかなど考えたことはないと思います。

それが当たり前のように感じていると思います。

しかし、漢字がいちばん最初に日本に入ってきたころは、今の英語の アルファベットと同じように「外国の文字」だったのです。

その当時、日本人は文字をまだ持っていなかったのです。

そこで、なんとかその 外国の文字である「漢字」を使って日本語を表そうと、いろいろな工夫をしたのです。

これはまるで、「アルファベットで日本語を表す」のと同じような試みだったでしょうね!

まず、漢語をそのままとりこんで、日本語の中にとりまぜて使いました。

現代でも私たちは「コミュニケーション」とか「リストラ」とか、英語の言葉を (発音は日本語になっていますが)日本語の中にそのまま混ぜて使っていますよね。

それと同じように、漢語の中の「天」や「礼」といった単語、あるいは「学校」「教育」 といった複合語をそのまま日本語に取り入れたのです。

それが今日の音読みとなったのです。

スポンサーリンク

 

日本人でもいいやすいような音にするための工夫

日本語は漢語に比べて極端に音が少ないため、もとの漢語そのままには発音できませんでした。

そこで、日本人でもいいやすいような音になっているのです。

「table」を「テーブル」、「radio」を「ラジオ」と言ったりするのと同じです。

漢字の意味によって、日本語で読む工夫をした

次にした工夫は、漢字をその意味によって、日本語で読む、ということでした。

すなわち、「山」という漢字は音読みで「サン」と読む以外に、日本語で「やま」と読むこと にしたのです。

これは「mountain」という文字を「やま」と読むのに等しく、とても大胆な試みでした。

この「漢語読み」と「日本語読み」を両方使うことにしたため、前者を「音読み」、 後者を「訓読み」と呼んで区別したのです。

スポンサーリンク

 

「音」と「訓」の意味

「音」というのは「その字の発音」ということ、「訓」というのは「その字の解釈、意味」 ということを意味します。

訓読みは、長い時間かけてしだいにできてきました。

『万葉集(まんようしゅう)』ではすでに自由自在に使われているので、そのときまでにすでに出来てから 100年や200年は経っていただろうといわれています。

まとめ

文字を作ることは、想像以上に大変だったんでしょうね。

何もないところから作りだしたんですからね。

スポンサーリンク