生命の誕生は進化によって胎生と卵生に分かれた!卵生も同じように進化した!

f:id:naosikiko:20171007230605j:plain

子孫を残していくためには、
生命の誕生は必要です。

しかし、
誕生するには、
さまざまな形があります。

どんな形の誕生があるのか?

調べてみました。

          スポンサーリンク

 

 

生命の誕生には胎生と卵生がある!

胎生と卵生の違いは?

 

人間などの哺乳類(ほにゅうるい)のように親と同じ姿で
生まれてくるのが胎生です。


鳥や魚、爬虫類のように卵で生まれるのを
卵生(らんせい)といいます。


どちらかというと、
胎生よりも卵生で生まれてくる生物が多いですね。

 

親と同じ姿で生まれることを胎生、
卵で生まれることを卵生です

 


最も原始的な生物は分裂といって自分の体を
2つに分けてふえていきますが、

 その後、
進化していって卵を産む生物ができていったんです。

 

そして、
さらに進化をして、
親と同じ姿の赤ちゃんを産む生物が
できたんですね!

 

このように、
子供の産み方は進化していって、
進化の程度によって違ってきたんです。

 

人間のような哺乳類は確実に子孫を残すために
卵ではなくて胎生という方法に進化したのです。

 卵生もさまざまに進化していった!

卵もさまざまに進化していきます。

 

 たとえば、
鳥とカエル、魚の卵と
それぞれを比べてみると、
その違いの様子がわかりますね!

 

ニワトリの卵・・・

人間にいちばん身近である
ニワトリの卵で見てみましょう。

 
卵はかたい殻につつまれています。

 

そして、
卵の中には白身(卵白)と黄身(卵黄)があります。

 

さらによく見ると、
黄身のところに小さな半透明のものがついています。

 

この半透明の部分を胚(はい)といい、
これが卵の本体なんですね!

 

ニワトリの受精卵をヒトの体温より、
やや高い摂氏37〜38度で温めると、
半透明の胚が成長をはじめます。

 

約3週間でニワトリの赤ちゃん、
かわいいヒヨコが生まれてきます。

 

魚、カエル、カメの卵・・・

構造的にいちばん簡単なのは魚の卵です。

 

イクラ、スジコ、カズノコなどを見れば
わかると思います。


鳥の卵のような固い殻(から)は
ついていないですよね!

 

魚の卵はタンパク質や炭水化物などの
養分(ようぶん)は中に持っていますが、
灰分(はいぶん)と水と酸素は外(水中)
から取り入れているんです。

 

カエルやカメのような水陸両性動物の卵は
魚の卵より複雑な構造をしていますが、
水と酸素はやはり外から取り入れています。

 

陸上で産卵する鳥類や爬虫類(はちゅうるい)の卵は
外敵から守るのと乾燥を防ぐために
固くなっているんです。

 外から取り入れるのは酸素だけです。

 

陸生の動物が生まれるためには、
このような卵ができることが重要な
条件なんですね!

卵の黄身や白身には、どんな役割があるのでしょうか!

黄身は胚の成長に必要な栄養分となります。

 

人間の場合は母親のお腹にいるので、
母体から直接栄養分をもらうことができます。

 

しかし、
卵は母体から直接栄養分がもらえないので、
あらかじめヒナがかえるのに必要な栄養分が
黄身として用意されているんです。

 

白身は胚が乾燥することなく成長していくために、
環境を良好に保つ役割をになっています。

 

人間の赤ちゃんは母親の子宮という部屋の中で
羊水に満たされ成長していきますが、
卵の白身は羊水と岡じ役割をして、
鳥の胚の成長を助けているんです。

         スポンサーリンク

 

卵の殻は固すぎてもいけない!

卵の殻は、
ヒナが殻を破って出てこられる程度の
固さでなくてはいけません。

 

鳥のヒナが生まれるところを見ると、
殻の中から自分でコツコツと殻を
破って出てきますよね!

 

ほんとうに、
生命の誕生は神秘的であり、
すばらしいです!

 もしも人間が卵で生まれたらどうなるの?

卵を産むより確実に子孫を残せるので哺乳類は
胎生という方法に進化しました。

 

もし、
人間が卵で生まれていたなら、
その大きさはどのくらいでしょう。


新生児の体重が3kgだとします。


人間は生まれるまで、
10月10日といわれています。

 

この期間の栄養をまかなうためには、
どのくらい大きさの卵になるでしょうか。

 

ニワトリと比較してみると、
ニワトリが50gの卵で約3週間で20gのヒナがかえります。

 

単純に比較は出来ませんが、
10kgちかい大きさの卵が必要になるでしょうね。

 

これを10ヶ月温めるという行為は非常に
リスクの高い行為です。

 

お腹の中で保護しながら栄養を与えていた方が
安全に子孫を残せます。

 

逆に鳥は体内に胎児を宿していたら体が重くなって
飛べなくなってしまう危険があります。


生物は進化の過程でより合理的な方法をとって、
生き残ってきたんですね。

まとめ

生き物は生きていくために進化しているんですね!

恐竜が絶滅したように、
進化しないと滅びてしまいます。

 

あと数千年したら、
生き物はどんな姿に変化しているんでしょうね!

人類は生きているんでしょうか!

ありがとうございました。

 

         スポンサーリンク