虫たちの完全変態と不完全変態の違いは!チョウで変態の様子を知ろう!

f:id:naosikiko:20171015231941j:plain

 虫が成虫になるために変化することを
変態といいます。

 

また、
変態にも完全変態と不完全変態があるんです。

 

いったい、
どんな違いがあるのでしょうか?

 

気になる情報を調べてみました。

          スポンサーリンク

 

変態ってなに?

 変態(へんたい、metamorphosis)とは、

動物の正常な生育過程において形態を
変えることを表しています。

 

たとえば、

チョウは卵からイモムシに変化します。

 

そして、
サナギになって成虫(親チョウ)になります。

 

このように、
親とは違う姿に何度か変身しながら
成長することを「変態」といいます。

 完全変態と不完全変態の違いは!

 変態には「完全変態」と「不完全変態」があります。

 

完全変態・・・

 完全変態は、
卵⇒幼虫⇒さなぎ⇒成虫という
4つの過程をたどり成虫になります。

 

 完全変態する昆虫でよく知られているのは
チョウ、ハエ、カ、ハチ、ノミ、カブトムシなど・・・

 

ちなみに、
チョウの幼虫は、イモムシ(チョウやガの幼虫の総称)、
ハエの幼虫はウジムシ、カの幼虫はボウフラです。

 

幼虫が成虫になる際、
いったん運動能力を著しく欠いた蛹(さなぎ)
呼ばれる形態をとり、蛹から脱皮して成虫となります。

 

でも、
すごく無防備ですよね!

 

さなぎの状態だと敵に襲(おそ)われても
抵抗できないですよね。

 

なのに、
なんでさなぎになるんでしょうかね。

  

 不完全変態・・・

不完全変態は、
卵⇒幼虫⇒成虫の3段階で、
さなぎになる過程がありません。

 

さなぎにならずに直接成虫になります。

 

不完全変態をする昆虫では、
トンボ、バッタ、セミ、ハサミムシなど・・・

 

不完全変態は、
昆虫の基本的な変態様式です。

 

この場合の幼虫は完全変態をするものと区別するため、
通常は「
若虫(じゃくちゅう、わかむし)」と
呼ばれています。

           スポンサーリンク

 

変態の様子を知ろう

身近にいるもので完全変態を知るには、
チョウの観察が最適でしょうね。

 

●葉に産みつけられた卵か幼虫を取ってきます。

 
このとき注意しなければならないことは、
チョウによって食べる葉が違うので、
卵や幼虫のいた葉をエサとしてやることです。

 

たとえば、
モンシロチョウはキャベツやアブラナ、アゲハチョウは
カラタチやミカンの葉などです。

●プラスチックなど透明な容器に入れておけば、
完全変態する様子が良くわかります。

 

チョウは、およそ1ヶ月で成虫になります。

 

6月に産みつけられた卵は7月にチョウになって
野原などを飛び回っています。

 
秋が深くなってから産まれた卵はどうなるのか?

 幼虫のときは、成虫になるために、
せっせと葉を食べても、
さなぎの段階で冬を迎えてしまいます。


チョウになってから蜜を取る花があまりないです。

 

ふつう、
さなぎは1~2週間で成虫になりますが、
冬を迎えたときは、そのまま冬をこして、
春になってから「羽化(うか)」します。

※羽化とは、さなぎから成虫になること

 

 

だから、
春まだ浅い頃に飛んでいるモンシロチョウなどは、
前の年の晩秋に産まれ、越冬したチョウなんです。

 

不完全変態の方は、イモムシとチョウのように、
幼虫と成虫がビックリするほど形態が違うという例は
少ないです。

 

幼虫は成虫とよく似ていて違うのは、
ハネが小さいことくらいという場合が多い。

 

その代表的な例がゴキブリ。

親と同じような小さいのが、台所を走り回っている。

 

不完全変態のものでも、
トンボのように幼虫(ヤゴ)が
水中にいるために、親とは違う姿をしている場合もあります。

まとめ

生き物は、
それぞれ住んでいる環境などに適した形態で
生まれてくるんですね!

 

命の誕生ってすごく不思議ですね。

ありがとうございました。

           スポンサーリンク