物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

ヘコアユはなぜ逆立ちしながら泳いでいるのか!名前の由来は!

f:id:naosikiko:20181202014227j:plain

もりやんでーす。

今日はヘコアユについてです。

 

ヘコアユは逆立ちしたままで泳ぐ変わった魚です。

水族館の人気者なんです。

 

でも、
なんで逆立ちなどして泳ぐのでしょうか?

そんな気になる情報をお教えしますね。

      スポンサーリンク

 

ヘコアユはいつも逆立ちして泳いでいるの!

ふつう魚といえば
人間でいうなら横になった状態で泳いでいますよね。

 

水の中で住む魚には、
いちばん水の抵抗が少なくてすむからなのでしょうね。

 

まあ、
餌を探すときなどは上や下を向きますがね。


でも、
ほとんど横になった状態です。

 

ところが、
西部大西洋の浅い熱帯海域に分布しているヘコアユは、
常時頭を下向きにして群れで泳いでいるんです。

 

場所を変えるときも、
静かに縦の状態のまま平行に移動します。

 

しかし、
驚かしたりすると横にすばやく泳ぐのです。

 

やはり、
速く逃げるには水の抵抗が少ない
横向きの方がいいのは分かっているみたいですね。

 

ヘコアユが頭を下にして泳ぐ理由!

 ヘコアユは成魚でも体長10センチ程度。


大幅の平べったくて細長い体型で
体表は硬い鱗(うろこ)に覆われています。

 

口は小さくて細長く、
動物プランクトンを餌としています。

 

 

頭を下向きにして泳ぐのは、
餌となるプランクトンを探しながら泳げるからなのです。

 

それと、
外敵が近づくと、
ガンガゼというウニの棘(トゲ)に隠れるためなのです。

 

ウニのトゲの一部のようなフリをして
危険から身を守っているのです。

 

細長いヘコアユは、
トゲの間に首を突っ込んだような格好で泳いでいるため、
遠目には魚がいることがわからないんです。

      スポンサーリンク

 

 ヘコアユの名前の由来

和名には「アユ」と付くが、アユの仲間ではない。

「ヘコ」は『逆さ』、「アユ」は『歩む』を意味し、
その泳ぎ方から名づけられています。

 

英名はカミソリ魚、
エビ魚という意味で形からのイメージです。

 

ヘコアユ以外に縦に泳ぐ魚たち

このヘコアユは、
ヨウジウオやタツノオトシゴに近い仲間。

 

この仲間には、
ほかにも変わった体型や泳ぎ方をする種類がいます。

 

南日本から東シナ海の沿岸に生息するサギフエも、
長距離を泳ぐとき以外は、
ヘコアユと同様に頭部を下にして泳ぎます。

 

タツノオトシゴは、
顔こそ他の魚と同じように横向きだが、
体は縦に上を向いたような状態で、
尾に当たる部分をものに巻きつけたりすることが
できるようになっています。

たとえるなら、
S字型とでもいうような形で生活しています。

まとめ

逆立ちしながら泳ぐヘコアユ。

見た目は不思議に見えますが、
生きていくための知恵なんですね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

 

      スポンサーリンク