物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

アリの巣穴は大雨でも水浸しにならないような工夫がされている!

f:id:naosikiko:20181002215833j:plain

もりもりでーす。

虫たちの行動を観察していると
疑問に思うことはないですか。

どこにでもいるアリ。

そのアリにも疑問に思うことがあります。

 

地面には巣へと
つながるたくさんの穴があいています。

その穴から雨水が入ったら
どうなるのでしょうか?

 

雨水は入らないのでしょうか!

そんな疑問を解決してみますね。

      スポンサーリンク

 

アリの巣に雨水で水浸しにならないのか!

少しの雨なら、
巣穴の入口に葉っぱなどをかぶせて、
雨水が入らないように防ぐことができます。

 

しかし、
大雨でも防げるのでしょうか?

 

大量の雨水が巣穴に
押し寄せてこないのでしょうか?

 

しかし、
そんな心配はご無用。

 

大雨でも巣穴が
水浸しになることはないです。

 

実際にアリの巣を見ると、
比較的、高い場所や縁の下など、
巣の上に大きな大きな石の下とか、
おおいのあるところに巣を作っています。

 


予想外の大雨が降ったら?

 

地面にはたくさんの穴や隙間があるので、
すべての巣穴に水が流れ込んでくることは
ないようです。


洪水だと
お手上げでしょうけど・・・

 


アリは、
雨を予測して
雨が降り出す前に穴をふさぎます。

 

そして、
アリの巣穴には空気があるので、
水は入ってこないのです。


万が一水が入っても土がある程度の
水を吸収してくれます。

 

巣は、どんな構造になっているの?

水が入ってきても大丈夫なように
できています 。

 

アリの巣は深さが4メートルほどあり、
縦穴と横穴で構成されています。

 

 

縦穴から枝分かれして、
横向きにたくさんの部屋が作られています 。

 

雨が降っても横にある各部屋には、
水が流れ込まないようにな仕組みです。

 

アリの巣は大雨が降っても中に空気が溜まり
空間が出来るようになっている。

 

たとえば、
コップを裏返して
水の中につけるとコップの中には
空気が溜まっていますよね!

それと似たようなものです。

 

雨の被害を受けるような場所には巣を作らない  

重要な場所は最下層などには作らず、
水を受ける部屋の上に
もうひとつ部屋を作ることで
水が入ってきても安全な場所を確保しています。

 

雨程度の水量であれば、
その部屋に水が侵入する前に地面へと
染み込んでいくため水没することはないのです。

 

水を吸収しやすい土を選んで
巣をつくる。

アリが巣をつくるようなところは、
少し掘ったくらいで

水がしみ出してくるようなことはないです。

      スポンサーリンク

 

アリは雨を避けるための特殊能力がある

●雨が入らない場所に巣を作る

●アリは雨が降るのを予知できる

 

この2つの特殊能力により、
アリは雨から身を守っているのです。

 

雨が入らない場所に巣を作る・・・

ほとんどのアリは水はけのいいところに巣を作るので、
雨が侵入してきて水没するということはないようです。

 

降水量多いところに生息しているアリは、
地面には巣を作らず、
木の幹の中など高いところに巣を作ります。

 

アリは雨が降るのを予知できる・・・

アリには雨が降るのを予知できるようです。

 

なぜわかるのか?

 

空気中の湿度を感知できるようで、
湿度が高くなると雨が入らないように
巣の入り口をふさぎます。

 

昔の人はアリの巣行動をよく知っていたようです。


巣の中に雨水が入らないように、
アリが巣穴をふさいでいたら、

それは「雨が降る予兆」だと言われています。

 

 アリは生息地によって巣の場所が違う

雨が強い熱帯雨林気候に生息するアリは、
冠水しやすい地面ではなく木の上に巣を作るなど、
日本のアリのように地面には作らない。


日本でも沖縄をはじめとする南西諸島の蟻に、
こうした生態があるようです。

 

暖かい地方では気の切り株などに巣をつくるアリもいますが、
北海道などの寒い地方では、地中に巣を作るアリしかいないそうです。

南西諸島近くに住むクロトゲアリという種類の蟻は、
幼虫が吐き出す糸を使って木くずや枯葉を貼り付け、
木の上に巧みに巣を作ります。


こうした地域の蟻は雨風をしのぐとともに、
外敵から身を守るため木の上に巣を作る知恵を
付けたといわれています。

 

アリの巣穴は大雨でも大丈夫!

アリの巣は雨が降っても
大丈夫なところに作られている。


穴の中には水が入ってきてにくい構造になっています。

アリだけじゃなく
生き物の知恵は凄いですね。

 

まとめ

アリの巣の深さは4メートルほどあるそうです。

あの小さい体で
4メートルの巣を掘るとは、
すごい力と体力があるんですね。

ほんとうに良く働きますよね。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク