くだものにタネがあるのはどうしてなの?

f:id:naosikiko:20180123212620j:plain

くだものを食べるのに
タネがあって食べにくいって
思わないですか!

しかし、
くだものには
なぜ、タネがあるのでしょうか!

タネがある理由について
調べてみました。

      スポンサーリンク

 

タネは子孫繫栄のための知恵!

 種子は、
植物が子孫を増やすために
すごく大切なものなんですね。

植物は自分で移動することができないです。

 

それで植物は種子をできるだけ広い地域に
散らばせるように工夫をしているんです。

 

そうすることで、
種子をできるだけ広い地域に散らばらせて、
あちらこちらで芽が出せるようにしているんですね。

どんな工夫をしているのか!

 生育場所を拡大するために動物や人間を利用して、
果実を遠く離れた場所まで運ばせているんです。

 

たとえば、
鳥たちに木の実を鳥に食べさせて、
糞と一緒に種を捨ててもらうのです。

植物の中には、
普通に種をまいても発芽せず、
鳥の消化器官を通過して初めて
発芽のスイッチが入るものもあるのです。

運び屋にされているんです。

 
マツやカエデの種子は風の力で散らばっていったり、
ホウセンカ、フジは自分で種子を飛び散らせたりします。

 

この他にも、トゲをもっていて、
けものの体にくっついて運んでもらう種子、
水に浮かんで移動していく種子など、
さまざまに子孫繫栄のための工夫をしています。

      スポンサーリンク

 

自然の生態系

自然の中では、
生命の流れをつくっていくことは大切なことであり、
動物や植物が自然の営みの中で闘ったり、
助け合っていくのが自然の生態系です。

 

生態系の中では、
植物が子孫を増やす営みは大事な意味があり
植物が光合成によって太陽エネルギーをデンプンなどに換え、
動物はそれを食べて生活できるのです。

 

したがって環境が破壊、汚染され、
果実が実らなくなることは、
単に果実がなくなることではなく、
生物界のエネルギーの流れを
遮断(しゃだん)してしまうことになります。

 

毎年決まった時期に決まった植物の実が
なることはうれしいことなんです。

 

くだもの屋さんにある
最近の果実などは、
種子からではなく、
さし木、接木(つぎき)などで増やしていて、
種子から育てることはまずないそうです。

種子植物には被子植物と裸子植物がある!

くだものや木の実には必ず種子(しゅし)があります。

 

種子で増える植物を「種子植物」といい、
「被子植物(ひししょくぶつ)」と
「裸子植物(らししょくぶつ)」の2種類があります。

 

被子植物の種子は、
メシベのところにあります。

やがて種子になる胚珠(はいしゅ)という部分が、
子房(しぼう)に包まれて保護されています。


種子のほとんどは被子植物です。

 

被子植物は花を咲かせて実がなりますが、
実は子房がふくらんだもので、
その実の中に種子ができるのです。

 

マツ、スギ、イチョウ、ソテツなどの裸子植物は
メシベに子房がなく、胚珠がむき出しで、
花の様子が貧弱であまり花らしい花が咲かない。

 

ウメ、モモ、カキ、スイカ、ブドウなどは
子房が発達して果実となったものである。

このような果実を真果(しんか)という。

リンゴ、ナシは実を食べているのではなく花たくが
ふくらんだもので、本当の実は芯のところ、
イチゴは表面にある小さなツブツブが本当の実である。

このように本当の実でないところを偽果(ぎか)といいます。

まとめ

 くだものにタネがあるのは、
子孫繫栄という、
すごく重要な意味があったんですね。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク