物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

あくびをすると涙が出る理由!涙にはどんな役目があるのでしょうか!

f:id:naosikiko:20180930170615j:plain

もりやんでーす。

今日は、

あくびをすると涙が出るのは

なぜかについてです。

あくびをすると、
目にゴミが入ったわけでもないのに
自然に涙が出てきますよね。

なぜなのでしょうか?

あくびをすると涙が出る理由と
涙にはどんな役目があるのか、
調べてみました。

      スポンサーリンク

 

あくびをすると涙が出る理由!

涙腺(るいせん)から出た涙は、

役目を果たしすと、
目頭にある「涙のう」という袋にためられます。

 

涙は絶えず目の表面に供給されるので、
「涙のう」はいつも満タン。

ちょっと圧迫されれば、
涙があふれる状態になっています。

 

そのために、
涙腺からなみだが
しぼりだされるような状態になり、
なみだが出てくるのです。

 

あくびをするときの動作を確認して
みましょう。


まず、
口が大きく開きく開きます。

すると、
目の周辺の筋肉も一緒に動くので、
簡単に涙のうから涙が、
にじみ出てしまうというわけです。

 

ただ、
不思議なことがあります。

口を大きく開けるだけでは涙が出ませんよね。

 

その秘密は、
あくびをしたときと違い、
目の周辺の筋肉が動かないからです。

 

 

それから、
泣くと鼻水が出るのは、
涙のうは、鼻涙管(びるいかん〕という管で
鼻に通じているからです。

泣くと鼻水が出るのはそのせいなんです。

      スポンサーリンク

 

涙の役目!

人が涙を出すときって、
いろんな場面が想定できますよね。

 

たとえば、
嬉しい時や悲しいとき。

感情が高まり涙が溢れ出ます。

中には、
涙が出にくい人もいるでしょう。

 

それから、
目にゴミが入ったり
目のケガをしたとき。

 

玉ねぎを切った時にも涙が出ますよね。

(ゴーグルつけましょう!)

 

 

涙の役目は、おもに2つです。

●角膜に栄養や酸素を運ぶこと。

●目の表面のほこりや塵(ちり)を洗い流し、
涙に含まれるリゾチームという酸素で殺菌すること。

要するに、運搬と掃除が涙のおもな役割です。

 

私たちの身体からは、眼球を潤す(乾燥を防ぐ)ための涙が分泌されています。 ※感情や刺激によって流れる涙とは別に、「基礎分泌」とよばれています。

 

 基礎分泌とよばれる涙は、目尻にある「涙腺」でつくられます。 涙腺で作られた涙は、まばたきによって眼球に押し出され、眼球の表面を潤します。 役目を終えた涙は、目頭にある小さな穴(涙点)に吸い込まれ、「涙小管」「涙嚢」「鼻涙管」と3つの峠を通り抜けて、鼻腔へと流れていきます。

「基礎分泌」として流れる涙の量は1日約1ml、

 

※リゾチーム

リゾチームは小さな細胞外酵素で、
細菌を覆っている細胞壁を攻撃することによって
微生物の侵入や細菌感染を予防する働きをします。

 

 まとめ

涙の役目は目を殺菌することにあったんですね。

今日も読んでくれて

ありがとうございました。

      スポンサーリンク