空が青く見える原理!人以外の動物や生物が見えてる色は!

 

f:id:naosikiko:20180515220605j:plain

晴れた空を見あげてると、
すごく青くて美しいですよね。


そして、

空はなんで青いんだろう?

て思ったことはないですか?


ほとんどの物には色がありますが、

空は物ではないのに色があります。

 

なぜでしょう?

 

そこで、
色の見える原理となぜ空は青く見えるのかを

調べてみました。

      スポンサーリンク

 

色が見える原理!

私たちは、いろんな色に囲まれて生活をしています。

 

たとえば、
草花、空や海、テレビ、信号、服、など、
たくさんあります。

 

ほとんどの物には色がついています。

 

しかし実際は、
物自体に色がついているわけではないのです。

 

たとえば、
トマトは赤い色をしています。

しかし、それは正しいとは言えません。

 

それはなぜか?

 

色というのは光が物体に反射して見える反射光だからです。


目を通して入ってきた光を認知して
人の脳が色を作り出しているのです。

 

 

色とは、物が見えるとき、
その物からきた光によって、
目の網膜が刺激されたときに生じる感覚の一種です。

 

物自体が光を発する場合もありますが、
ほとんどは、そのものに反射した光で、

そのものに光が当たったとき、
反射する光の色がその物の色に見えるのです。

 

太陽や電灯の光には
赤、橙、黄、緑、青、藍、紫など
いろいろな色が混ざっています。

 

たとえば赤い紙があったとき、
その紙は光のうちの赤い光だけを反射し、
その他の色は通過または吸収します。

 

その結果、赤い色に見えるというわけです。

 

他の色についても同様です。

 

ただし、黒と白に関しては違います。

 

黒色に見えるのは7色の光すべてを
吸収した状態のときであり、

また、
白色に見えるのは黒色とは逆に、
すべてを反射した状態のときです。

空が青く見えるのは!

f:id:naosikiko:20180515220100p:plain

空は物ではないので太陽光線を見ていることになります。

 

青く見えるのは、
太陽光線が大気中を通過するとき
空気中にある分子や細かい塵(ちり)などに当たって、
波長の短い青や紫の光を反射するためです。

 

そのときの反射の仕方が一定方向にだけに向かうのではなく、
さまざまな方向へぶつかり散乱するため、
どこから見ても空は青く見えるのです。

 

赤い光は波長が長く、まっすぐに進むため、
自分に向かってきたものしか目に入らない。

 

夕焼けの場合も理屈は同じです。

 

ただ、昼間の太陽は真上からさしこむため、
太陽光線は地球をとりまく大気の厚みの分だけ通過しますが、
陽がしずみかけて太陽光線が斜めから差し込むようになると、
太陽光線は大気中を昼間よりも長い時間かけて通ってくること
になります。

 

そのため波長の短い青系の光は、
大気中を通過するとき遠くの方で散乱してしまい、
波長の長い赤系の光だけが目にとどいて夕焼け空に見えるのです。

      スポンサーリンク

 

生き物によって同じ物でも色が違って見える!

人間の目に映る景色と動物の目に映る景色は違います。

 

目の果たす役割が違うのです。

 

光は電磁波というエネルギーの一種で、
波長の違いで性質が異なります。

 

その中でもごく一部のもの、
約380nm~780nm(10億分の1m)の波長の電磁波に
私たち人間は色を感じるようになっている。

 

色覚異常でなければ、
人間はほぼ同じ色を見ています。

 

しかし、人間とほかの生き物が同じ物に対して
同じ色を見ているのではありません。

 

 

 色彩感覚(色覚)については、
太陽光をプリズムを通して分解すると波長の長い順に
「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」と、虹の七色で表現されます。

 

色の識別としては、
人間などの大型の類人猿は3原色(赤・緑・青)、
犬などの大部分の哺乳類は2原色(赤・青)、
鳥や昆虫は4原色(赤・緑・青・透明(紫外線))を
見分けることが可能です。

人以外の動物や生物の色の見え方!

【牛、馬】

モノクロを見ている状態です。

馬は黄色を最も識別できて次に緑です。

青と赤は識別できないこともあるようです。

 

【猿】

ニホンザル、チンパンジー、ゴリラは、
ほとんど人間と同じで高度な色覚があります。  

ただし、種族によって見え方には違いがあるようです。


オスには色弱や色盲が多くみられるようです。

 

【犬、猫】

嗅覚や聴覚が優れているが、
強い視力を持っていません。

 
特に猫は弱視で色を識別することは難しいようです。  

 

基本は赤・青の識別ですが、
黄色と青を識別できる犬もいるようです。

 

【魚】

金魚、めだか、鯉は、特に識別に優れています。


鯉は人と同じ錐体(色を感じる機能)を持っています。

 

【鳥】  

人に見えない紫外線も見ることができます。  

 

種類によって見え方が違いますが、
色彩のきれいな雄を持つ鳥類も  
雌が色の識別ができるからといわれています。  

鳥の中でも、ハトは20色を識別でき、
あらゆる動物の中で識別能力に優れています。

 

【昆虫】

ほとんどの昆虫は複眼を持ち、
30000ものレンズがついています。  

 

これにより識別に優れ、
人に見えない紫外線も見ることができるのです。  

 

しかし赤外線に近い色は識別はできません。  

 

夜、紫外線を発した電燈へ昆虫等が集まるのは、
このためなのです。

まとめ

ほかの 動物や生き物がどんな色を見ているのか
気にしたことはないですが
見ている物の色は違うようですね。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク