物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

爪が速く伸びるのはどの指なの!爪が伸びる速さと役割を調べてみた!

 

f:id:naosikiko:20181028222501j:plain

もりやんでーす。

今日は爪が速く伸びるのはどの指かについてです。

 

5本の指の中で、
どの指の爪がいちばん速く伸びるのか
なんて考えたことないですか?

 

もし指それぞれの爪に差があるなら
伸びるための要素があるはずですよね。

 

そこで、
どの指の爪が速く伸びるのか!

爪にはどんな役割があるのか!

調べてみました。

      スポンサーリンク

 

速く伸びる指の爪は?

いちばんよく使う指の爪が
いちばん伸びやすいのです。

 

それなら、
人差し指の爪って思ってしまいますよね。

 

しかし、

正解は中指の爪です。

 

なんで~、

人差し指がいちばん働いているやん。


しかし、
中指は5本の中でいちばん長いですよね!


ということは、
中指はいちばん先に、
いろいろなものに真っ先に触れ、
もっとも力のかかりやすい指ということです。

 

重いものを持ち上げてみると
よくわかると思います。

 

5本の指の中で
中指にいちばん力が入っているはずです。

 

伸びるのが速いのは、
中の3本が最も速く、
次いで親指です。
いちばん遅いのが小指なんです。

 

そして、

年寄りより若い人。
冬より夏。
足の指より手の指が伸びやすいのです。

 

爪の伸びる速さは?

爪1枚生えかわるのに、
手の爪で半年、足の爪で約1年余り
かかるそうです。

 

手の爪は足の爪より速く伸びます。

足の爪は伸びるのに
手の爪の約2倍の時間がかかるそうです。


とくによく働く、
利き手の中指が速いと言われています。


個人差はありますが、
爪は、一日に約0.08~0.12ミリ伸びるそうです。


特に成長期には伸びるのが速いようです。

 

 

季節や気温も影響します。



新陳代謝の活発な夏は速く伸びるようです。

気温も高いほうが、
伸びるスピードが速いです。

 

男と女では男性が速いといわれています。

      スポンサーリンク

 

爪の役割

深爪をしたことがある人ならあわかりでしょう。

 

爪は猛獣にとっては狩をするときの武器になり、
サルや猫にとっては気に上るときの道具になります。

 

では、
人間にとって爪は何のために生えているのでしょうか?

 

爪で覆われている皮膚はとても弱くて、
ちょっとの刺激でも鋭く感じてしまうのです。

 

爪がはがれたら、
痛みはその何倍にもなることでしょう。

 

何しろ昔は、
生爪はがしの拷問があったくらいですから。

 

ということは、
爪は指先の皮膚を守るためにあると
思われがちですが、
正確にいえばちょっと違うのです。

 

 

本当の役割は、指先をしっかり安定させて、
手でいろいろな作業をしやすくすることなのです。

 

 

爪は人が体に力をいれるために
必要な部分ということがいえます。

 

人にとって爪は、綺麗に色を塗るためのものだけでなく、
とても重要な役割があるということなのです。

手の爪の役割・・・

 

手の指に爪がなくては指の腹に力をいれたときに
跳ね返す力が不十分です。

 

爪は物をつかむときや指に力を
入れるときに支えとなっているのです。

 

手に爪があるから小さい物をつまんで持ったり、
ペンで小さな字を書いたりすることができるのです。

 

もし爪がなければ、
指先に力が入りにくく生活に支障を
きたすということになりますね。

 

細かい作業をしたり、
微妙な力加減や手加減にも
爪の果たす役割は非常に大きいのです。


現代の発達した社会そのものは
爪が無かったら存在しなかったかもしれませんね。

足の爪の役割・・・

足の爪は、
人の体を支える大切な役目をになっています。

 

足の指の骨も手の指の骨と同様に
爪の中心辺りで終わっています。


爪がなくては足に力を入れて
踏ん張ったり歩くことができません。

 

人が「立つ」ときは、
筋肉や神経を通り最後は爪に大きな力が
入ります。


体の体重を支え立つという動作そのものを
爪が助けているのです。

 

足の爪がが無ければ立ったり歩いたり、
当たり前の行動が出来なくなるのです。

 

また、
指先の細かな感覚や繊細な動きを
可能にしているのも爪の役割です。

 

 

爪は健康のバロメーターでもあります。

爪には体の異変を色や形、
見た目で健康状態を教えてくれます。

 

爪の構造と成分

爪は皮膚の角質が変化したもの。

 

人間の皮膚は軟ケラチンから形成されていますが、
爪の主な主成分はケラチンという繊維状のタンパク質です。

 

爪にはケラチンの他に炭素、酸素、窒素、
水素など様々な成分で構成されています。

 

また、
12~16%の水分と0.15~0,75%の脂質が含まれます。

 

丈夫で美しい爪を作る為には、
肌と同じように必須アミノ酸を多く含む
良質なたんぱく質(大豆や植物性タンパク質など)や
各種ビタミン、鉄分などをバランスよく食べることです。

 

 まとめ

いちばんよく働く指の爪が
いちばん速く伸びるのですね。

爪がなければ現代社会は
なかったかもしれませんね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

      スポンサーリンク