物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

鏡に姿がうつるのはどうして!なぜ左右だけが反対に見えるの!

f:id:naosikiko:20180310112245j:plain

かいぶーです。

毎日、一回は必ず見る鏡。

きれいな鏡に姿がうつってると、
なんとなく気持ちが良いですよね。

 

では、

なぜ鏡は姿をうつすことが出来るのでしょうか?

 

そして、
なぜ上下は反対にうつらないのに

左右だけ反対になるのはなんでなの?

そんな疑問を調べてみました。

      スポンサーリンク

 

鏡に姿がうつるのはなぜなの!

なぜ、

鏡は姿がうつせるのでしょうか!

 

それは、
光が鏡に反射して、
その反射光が人の目に入るからです。

 

つまり反射(はんしゃ)することによって、
物をうつして見ることができるんです。

 

鏡にうつっている自分の姿は、
こちらからの光がいったん鏡にぶつかって、
もどってきたもので、

鏡じゃなくても、
ガラスのように光を反射するものでも、
姿がうつります。

 

このようにして、
うつった姿を像といいます。

 

鏡に姿がきれいにうつるのは、
ガラスの表面に光をよくはねかえす色である
銀色の銀ややすずなどの金属(きんぞく)が、
塗(ぬ)られているからです。

 

      スポンサーリンク

 

鏡は身長の半分の大きさで全身がうつせる!

鏡の前に立った人の頭の
てっぺんⒶから出た光は、
図のように反射して目に入ってきます。

 

そのとき像は、反射光の延長線上ⓐに見えます。

 

次に足の先Ⓑ点から出た光は図のような
反射をして目に入ってきます。

 

この場合も反射光の延長線上ⓑに像が見えます。

 

入射角(にゅうしゃかく)と
反射角(はんしゃかく)は等しいので、
鏡の前に立つ位置さえ調整すれば、
身長の2分の1の長さの鏡で全身が
見えるんです。

f:id:naosikiko:20180310111258p:plain

上下は逆にならないで左右だけが反対になる

鏡で不思議なのは、
左右が反対に見えるが、

上下は反対に見えないことです。

 

鏡の前で右手をあげると、
鏡の中では左手をあげる。

 

左手をあげれば鏡の中では、
右手をあげる、
というふうなことです。

 

たとえば、人と対面したとき、
私たちは相手が自分と反対側を
向いていることを理解しています。

 

握手をすると自分の左側から
相手の右手が出てくるが、
それが相手の右手であることも理解している。

 

ところが鏡の中の自分と握手を
しようとすると
どうなるのか?

 

鏡にうつった像は、
送られた光を反射して返ってくるのだから、
右手の所から出た光は本当の右手のある
側から返ってきます。

 

つまり、
人と対面した時には左と思っていた側から
光が返ってくるので、
こちらは右手なのに鏡にうつる像は
左だと思ってしまうのです。

 

なので、
右手にリボンを巻いていれば、
そのリボンは自分の方から見て
右側にうつるから感覚としては左に思う。

 

そして、左右が逆なのに上下が変わらないのは、
図の頭Ⓐから出た光はⓐから出たように見え、
足Ⓑから出た光はⓑから出たように
見えるからです。

 

2枚の鏡の不思議

2枚の平面鏡を使っての実験です。

 

まず2枚の鏡を図のように立て、
その前にリンゴを置きます。

 

鏡にはいくつかのリンゴの像がうつります。

鏡と鏡の角度を変えると、
うつる像の数も変わっていきます

 

2枚の鏡を平行に置き、
その間にリンゴを置くと、
鏡の奥にどこまでもリンゴがつづいて見えます。

 

2枚の鏡を置く角度と、
そこにうつる像の数との間には
一定のルールがあり、
それは次の式であらわせます。

 

像の数=360度÷鏡の角度-1

 

f:id:naosikiko:20180308123458p:plain

 まとめ

光の反射によって、
鏡に姿をうつすことができます、

鏡の大きさも身長の半分で
全身をうつすこともできるんですね。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク