テレビが視聴できるのはなぜ!映像を送受信するしくみとテレビの歴史!

 

f:id:naosikiko:20180215124135j:plain

物知り博士になろう!

なぜ、テレビで絵や色が移り視聴できるのか?

 

なぜ?
どうしてって
あまり考えたことはないですよね。

 

しかし、考えてみると不思議だと思いませんか?

遠く離れた放送局から送信された電波で
瞬時にテレビで映像を見ることができるのです。

 

どうやって映像を送り、受信するのか?

テレビの歴史について調べてみました。

      スポンサーリンク

 

映像を送るしくみ

f:id:naosikiko:20180215111750p:plain

テレビジョンは、動いている光景や画像を
電気信号に変えて時間の遅れなく、
遠くまで送ることができます。

 

画像を送るしくみは、

放映する絵をジグソーパズル

のように細かな断片に分割します。

 

それを電気信号に変えて
電波に乗せて送るのです。

 

たとえば、
ここに花があるとします。

 

テレビカメラで撮影した花の写真は、
525本の線に分割されます。

 

そして分割された1本1本を
連続した点の明るさに変え、
電気信号に変えて電波に
乗せて送り出します。

 

この分割された線を
「走査線(そうさせん)」といいます。

 

つまり、
花の写真は525本の走査線によって分割され、
この線を上から下へ順に送りだすのです。

 

花の写真を分割した走査線が電波として、
送り出されるスピードは、
525本の線を上から下へ順に送る作業を、
1秒間に30回繰り返すほどの速度です。

映像を受けるしくみ

f:id:naosikiko:20180215123840p:plain

ほとんど毎日、

目にしているテレビのことを、
テレビジョン受像機(じゅぞうき)といいます。

 

屋根の上や屋内に設置されているアンテナで、
放送局が送り出した画像の電気信号(電波)を
キャッチして増幅(ぞうふく)します。

 

増幅された電波が、
テレビのブラウン管に送られると、
走査線を1本ずつ元の明暗(めいあん)の
変化にもどすことで、
画像としてテレビに映し出されるのです。

 

カラーテレビジョンは、
ブラウン管が、赤、青、緑の3原色
組み合わせて発色(はっしょく)する
しくみになっています。

 

放送局では、画像を電波に乗せるときに、
音声もいっしょに信号化して送っているので、
画像と同時に音声も聞くことができるのです。

      スポンサーリンク

 

テレビは広範囲の分野で利用されている

画像と音声を送信・受信できるテレビジョンは、
すごく便利なものです。

 

放送以外にも研究用、産業用、医学用、教育用など、
各種の分野における情報の伝達手段として
広く利用されています。

 

たとえば、
人の目で見ることができない、
発電所におけるダムやボイラーの燃焼の監視、
医学におけるX線や診察、手術の公開、
工場や道路交通などの集中監視装置、
鉄道の駅の安全確認用など、
数えあげればきりがないです。

テレビの歴史 

日本のテレビ放送は、
1939年に実験放送が開始され
1953年に正式放送がはじまります。

 

その後、
急速な発達をとげ、
統計によれば放送開始後10年間に
放送局は200局を超えNHKの受信契約者は
100万人を超えています。

 

この間、
日本電子電話公社(現在のNTT)による
マイクロ波テレビ中継網の設置、
NHKおよび民間放送会社による
移動中継技術が完成。

 

一方、
通信衛星を用いて日米間の初中継に成功。

 

このときの放送が、
たまたまケネディ大統領暗殺事件の報道となった。

現在では、
国際商業通信衛星機構(インテルサット)の運営する
インテルサット4号系衛星が、
国際間のテレビ中継の主役となっています。

まとめ

なにげに見て入るテレビですが、
よく考えるとなぜ、
瞬時に映像や音声が見れるのか不思議ですよね!
そのしくみについて記事にしてみました。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク