地球温暖化が起こったり、エルニーニョ現象がおきるのはなぜ?

f:id:naosikiko:20160918114740j:plain

モアイです。

地球は、大気の動きによって、
生物が生息するのに適した温度に保たれています。

 

これを温室効果といいます。

 

しかし、この適した温度が変化しつつあるのです。

 

この働きが強くなりすぎて地球の気温が上昇してきているのです。

この問題は、国際社会でも大きな問題となっています。

 

それは、これから先も生物が生きていくのに大切なことだからです。

それでは地球は、なぜ温暖化してきたのでしょうか?

スポンサーリンク

 

温室効果によって住める気温に保たれている

太陽の光は、大気を通過して地球の表面に吸収されます。

すると地表は暖められた温度に応じて赤外線を放射し、
その一部は大気中の二酸化炭素、メタン、 亜酸化窒素、
フロンといった「温室効果ガス」に吸収され、
再度放射されることによって地表が 温められます。

 

これが温室効果といわれるものです。

 

この温室効果によって
地球は生物が住める程度の気温に保たれています。

 

もし温室効果がなければ地球は冷え切って凍りついてしまい
生物が住めなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

過去100年間で、地球の平均気温は0.3~0.6度上昇している

近年は、とくに先進国で温室効果ガスをたくさん排出する生活を
送っているために 温室効果ガスの濃度が高くなりすぎています。

 

その結果、地表の熱が宇宙へ放出されにくくなりました。

 

地球の気温が全体に上昇してしまったのは主に、
そういったこと原因だといわれています。

 

過去100年間で、
地球の平均気温は0.3~0.6度上昇したといわれています。

 

温室効果ガスがこのまま増えていけば、
あと100年で平均気温は2度は上昇するだろうと 予測されています。

地球が温暖化する異常気象が起こる

地球が温暖化すると、
気候が狂って水温、雨の量、風の吹き方、雲のできる場所、
地球全体の 空気の流れ海流などすべてが変わってしまいます。

 

そして、世界中で異常気象が起こることが予測されます。

 

大雨や洪水、干ばつといった災害や、
農業や漁業への悪影響、そして海面が上昇することによって 土地が沈没するといった問題が起こるとする専門家もいます。

温暖化を引き起こす大きな原因は?

温暖化を引き起こすもっともも大きな原因は
石油や石炭などの石化原料を燃やしたときに出る
二酸化炭素なので、
先進国では二酸化炭素の排出を規制する
取り決めを行おうとしています。

 

これ以外にも、海水の温度が例年より高い状態が
1年~1年半ほども続くエルニーニョ現象が
数年に1度の割合で起こっています。

 

地球温暖化との関係はわかりませんが
、エルニーニョ現象が起こると
やはり世界規模で高温や 低温、多雨(たう)や
少雨(しょうう)などの異常気象が起こるので、
気象庁も観測や 研究を続けています。

まとめ

私たちの子孫や、あらゆる生き物が
平穏に生活できるようにするのは、
現在の私たちの使命なのではないでしょうか。

スポンサーリンク