物知り博士になろう

そうなんだーって思える情報を発信します。

雨や雪はどのような原理で降るのか!雨か雪になる違いはなんなの!

f:id:naosikiko:20180521175904p:image

もりもりでーす。

雨が降っていても

今日は雨やな~!

で終わってしまいます。

 

雨はどんな原理で降ってくるのかなんて
気にしないですよね。

 

しかし、
私は気になりましたね。

 

そこで、
雨はどうして降るのか?

雨や雪になる違いはなんなのか調べてみました。

      スポンサーリンク

 

雨が降るしくみ!

雨が降る原理についてです。

⓵、川や海など地表の水が、
太陽の熱であたためられます。

 

⓶、あたためられた川や海など地表の水が
蒸発し、水蒸気になります。

 

⓷、水蒸気は空気にまじって上昇して、
冷やされて水滴になり雲をつくります。

 

④どんどん水分がたまって重たくなると、
雨や雪となって地上に降りてきます。

そして、

ふたたび海や川になります。

 

①から④をくりかえしていきます。

これを水の循環といいます。

 

※夏などの気温が高いと雪の結晶がとけて雨で、
冬など気温が低いと雪の結晶はとけずに
そのまま雪として降ってきます。

 

 水蒸気が雲をつくる!

f:id:naosikiko:20180521180832p:plain

低気圧の区域内に吹き込んだ空気がその後、
上昇気流になります。

 

また、
まわりよりあたためられた空気も
上昇気流をつくります。

 

地表から離れるほど、
大気層の温度は低く、

そのため上昇した空気は冷え、
水蒸気は水滴になる。

 

水滴の集まりが雲なのです。 

さらに上昇すると水蒸気は

小さな氷の結晶をつくります。

 

「すじ雲」などと呼ばれる巻雲(けんうん)は、
高度1万メートル付近にできる雲で、
小さな氷の結晶の集まりなのです。

 

「あま雲」と呼ばれる乱層雲(らんそううん)は、
3000~6000メートルの高度にできる雲であり、
大部分は氷の粒からできています。

 

雲をつくっている水滴は直径が

100分の1ミリほどの小さい粒で

雲粒(うんりゅう)と呼ばれています。

 

雲粒は高い所にあるため地球の引力が小さく、
空気の中に浮かんでいることができます。

 

地表に落ちてくる雨は直径1ミリ前後であるから、
体積では雲粒の100万倍です。

 

つまり1個の雨をつくるには100万個の雲粒が
必要になります。

 

雲粒が1個の水滴になるしくみは、
とても複雑です。

 

高度6000メートルぐらいになると気温は、
ー20度ぐらいです。

 

この高さの雲の中は水の粒と氷の粒とがまじっています。

 

水の粒と氷の粒がまじっていると

水の粒は急に小さくなり、
氷の粒はどんどん大きくなるという

不思議な性質がある。

 

太平洋側で雪が降らないのは

落ちてくるまでに気温が
上がっていて雪が溶けて雨に

なるからなんです。

 

その境目くらいの気温では霙(みぞれ)に

なります。

      スポンサーリンク

 

雪が降りやすい場所はどこ!

山沿いは雪が降りやすいようです。

 

大きな山脈があると雪雲が山脈を越えるときに
山の傾斜に沿って上がっていき、
成長して山脈を超えるまでに
雪を降らせてしまうのです。


そして、
山を超えたときには、
もう雪雲は残っていません。

 

しかし、
寒気が強いときは、
一部は山の低いところを通って
雪雲を運び雪を降らせるのです。

 

雪雲は湿った空気が冷たい空気によって発生し、
冷たい空気は重いため低い場所に貯まりやすく、
上空の低いところ(上空約1500mから2500m付近ぐらい)で
なおかつ上空1500mの気温が-6℃以下で
発生しやすくなります。

冬に日本海側は雪でも太平洋側は晴れるのは!

冬の天気の特徴として日本海側は雪でも
太平洋側では晴れること多いですよね。

 
大陸からの冷たい空気が日本海を通るときに
日本海からでる湿った空気により雪雲が発生します。

 

しかし、
日本列島に東西に1000メートル前後山地があるため
その山地を越える時に湿った空気が乾きながら通過するため
太平洋側では雪が降りにくくなるのです。

まとめ

自然はすごいと、

つくづく感じましたね。

雨や雪が降ることで、

水に困らない生活を送ることができます。

 

それは水の循環があるからなんですね。

ありがとうございました。

      スポンサーリンク