キリンの舌が黒くて長いのはなんのため?舌の長~い動物たち!

f:id:naosikiko:20191107135832j:plain

もりもりです。

キリンの不思議!

キリンの睡眠時間なぜ短いのに続いて、

今日は、キリンの舌の長さと色についてです。

動物園のキリンがフェンスから長い首を伸ばして
エサを食べる光景はすごいと思いませんか?

舌をめいっぱい伸ばして食べようとします。


すごく長いです。

色も黒っぽくて病気なのって思ってしまいます。

必要性があり、そんな舌になっているのか
調べてみますね。

 

        スポンサーリンク

 

キリンの舌の色はなぜ黒い?

キリンの舌は黒い。

見方によっては濃い紫色にも見えます。

 

舌は赤っぽい色でなければ変だということはないですが、
私たちの、赤いのが当たり前との思い込みですね。

 

では、なぜキリンさんの舌は黒いのでしょうか?

 

それはエサを食べる時など舌を出した時に、
舌が日焼けをしないよう、
紫外線を吸収しにくい黒色(黒紫色)になっているというのです。

私たちが太陽にあたると 黒っぽく日焼け するのと同じように、
キリンの舌も日焼けして黒く なります。 

 

では、なぜ舌だけ日焼けしにくい色なの?

それ以外は良いのって思ってしまいますね。

 

キリンの舌の長さはどれくらい?

ちょろっと舌を出している、
キリンからは、そんなに舌が長いと思えませんよね。

しかし、
エサを食べるときの舌を見たことありますか?

 

直接見たわけではないけど、

テレビで見ましたが、
エサを食べるときに、
思いっきり、ピローンと舌を伸ばしていました。

 

気持ち悪いぐらい、長かったです。

 

私たちの10倍以上の長い舌を持っているんじゃないでしょうか。

まあ、高い木の枝の奥の方の葉を食べるには、
長い舌が、すごく役に立ちますね。

実際には、キリンの舌は40~50センチ程あるんだそうです。

自分の鼻もかるくペロリってできます。

 

キリンの睡眠は1回にたった20分!

なぜ、キリンの舌が長いの?

食料である葉っぱなどをうまく食べられるように
発達したんだとか!

少しでも高いところにある葉っぱを食べるためです。

キリンの舌がすごいのは何も色ばかりではない。

その長さ、何と40~50センチメートルもあるのです。

        スポンサーリンク

 

舌の長~い動物たち!

●アリクイ

f:id:naosikiko:20191107225745j:plain

長くて細い舌が特徴。

細い舌はアリの巣を掘り、
小さな穴からアリを食べるのに適しています。

最大の特徴である長い口には、
粘着性の唾液と細かなトゲが付いた舌が隠されています。

この舌は最長で60cmほどにもなるそうです。

 

●キリン

f:id:naosikiko:20191107225822j:plain

50センチの長い舌を持ちます。

 

●オカピ

f:id:naosikiko:20191107230504j:plain

舌の長さは40~50センチ。

特徴的な体をしています。

胴体は茶色、足はシマウマのような模様で
何とも奇妙な姿をしています。

世界三大珍獣に選ばれています。

「ジャイアントパンダ」「オカピ」「コビトカバ」の3つ。 

 

●マレーグマ

 

f:id:naosikiko:20191107230535j:plain

マレーグマの舌は20~25cmと長くて、
ものに巻きつけることが出来るが、
シロアリをなめとったり、
木の中にいる昆虫やその幼虫などを食べる時にも役立っています。

 

 まとめ

 動物の中で、一番長い舌を持つのがキリンです。

長さだけでなく色も黒ぽっくて気持ち悪い気もします。

今日も読んでくれてありがとうございました。

        スポンサーリンク